BiSHのアイナ・ジ・エンドが、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。先日発表された『第72回NHK紅白歌合戦』への初出場について意気込みを伝えました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! アイナLOCKS!」11月22日(月)放送分)



アイナ:紅白、出させていただくことになりました! やったー嬉しい!! 生徒(リスナー)ちゃんたち、よかったら一緒に見てほしいなって思います。

――リスナーから届いたメッセージを紹介
【アイナ先生、お久しぶりです。最近聴けてないですが、BiSH先生が初紅白ということで戻ってきました。3年くらい前にBiSH先生を知って、毎年紅白に出場してほしいと思っていました。ついに出場ということでとても嬉しいです。アイナ先生のハスキーボイスを、紅白の舞台で響かせてください。本当におめでとうございます!】(17歳女性)

アイナ:ありがとう! そっかそっか……3年ぶりに帰ってきたっていう人もいるよね。今はできていないけど、清掃員(ファン)の人と交流できる機会があったときに、めっちゃ昔にいた清掃員の人は、いまはもうあんまりもういないなって思うもん。そりゃ3年ぶりに帰ってくる人もいるよね、嬉しい! 紅白をきっかけに、戻って来いみんな……!(笑)。

――ここで、「カラダ・イデオロギー」(※)をオンエア
(※2015年リリースのアルバム『Brand-new idol SHiT』に収録)

アイナ:この曲……(笑)。本当にカオスで面白いんだけど、裏話を1つ。BiSH初期メンのときにレコーディングした曲なんですけど。サウンドプロデューサーの松隈(ケンタ)さんが、「チッチ、モモカン、アイナ、ハグ・ミィ、一気にブースに入ってくれ!」って言って、すごく狭いボーカルブースに1本だけマイクを立てて4人で囲んで、そんなにちゃんと覚えてない曲を一発で練習せずに歌ったんですよ……(笑)。

「これ、このままいくんですか!?」みたいな感じだったんですけど、松隈さんが「ロックは一発撮りや!」って言って(笑)。どインディーズですよね。そんな7年前のレコーディング……あのときから考えると、今年紅白に出られるなんて自分でも信じられないです。このときの「カラダ・イデオロギー」のマインドで……紅白も一発なので、しっかりかまそうかなと思っています。



アイナ・ジ・エンドは、11月24日に2ndソロアルバム『THE ZOMBIE』をリリース。2月にリリースされた1stアルバム『THE END』に続き1年で2枚のアルバムを発表したため、ずっと曲を作っていたとのこと。「やっとちょっと書かなくていい日が来るのかなって安心しています」と笑いながら、「今は作るんじゃなくて、歌うことに専念しようかなって思う」と話していました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年11月30日(火)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55/金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/