作家・村上春樹さんと坂本美雨さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FM/JFN全国38局フルネットの年越し生特番「村上RADIO年越しスペシャル〜牛坂21〜」が、2020年12月31日(木)23:00から2021年1月1日(金・祝)1:00まで放送されました。この記事では、村上さんが選曲した「明るい2021年を迎えるための選曲」(前半)でお話された概要を紹介します。


村上RADIO


番組初・村上さん初の生放送となった「村上RADIO年越しスペシャル〜牛坂21〜」。いろいろあった2020年を締めくくり、明るい気持ちで新年を迎えるべく、大晦日の京都のスタジオから2時間の生放送でお届けしました。今回は、村上さんによる「明るい2021年を迎えるための選曲」や、ゲストに京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授、霊長類学者の山極壽一京都大学前総長を迎えたスペシャル対談をオンエア。また、メッセージテーマ「2020年で一番よかったこと」を募集し、メッセージが採用されたリスナーには、村上さんから特製ラジオネームの“お年玉”がプレゼントされました。

*  *  *

こんばんは、村上春樹です。「村上RADIO」、うーん、もう大晦日になっちゃったんですね。考えてみれば、ずいぶんあわただしい1年でありました。良いことも少しはあったんだろうけど、嬉しくないこともいくつもありましたよね。それでも良くも悪くも、ちゃんといつも通り季節は巡ってきて、そして去って行って、1年がまもなく終わろうとしています。



今日は特別にこの番組、京都のスタジオから生放送でお送りしています。今朝の京都は、けっこう雪が降っていたんですが、お昼前にやみまして、陽が出てきて、雪はとけちゃいました。でもけっこう寒いです。

タイトルは「牛坂21」、丑(うし)年で2021年だから「牛坂21」です。「坂」はですね、世の中の人気に便乗しただけで、とくに意味はありません。深く考えないでください。



ところで丑年は僕の年で、僕は年男ということになります。いくつになるのか? いくつになるのか……生まれたのはかなり昔のことなので、よく思い出せません。でもまあ、いちおう元気に暮らしております。これからの2時間、みなさんと一緒に今年を見送り、新しい年を迎えたいと思います。よろしく。

◆ENNIO MORRICONE & DULCE PONTES「Cinema Paradiso」 
では、今日の1曲目です。この前、クラシック音楽の特集のときに、クロージングでこの「ニュー・シネマ・パラダイス」のテーマをかけたら、「もっと聴きたい」というリクエストをたくさんいただきました。この曲、ずいぶん人気があるんですね。

2020年最後のサービスっていうか、今日はポルトガルの歌手ドゥルス・ポンテスさんがポルトガル語の歌詞をつけて歌うバージョンで聴いてください。伴奏のオーケストラのアレンジと指揮は作曲者のエンニオ・モリコーネさんが担当しています。

◆Huey Lewis & Stan Getz「Small World」
次は、ヒューイ・ルイス&ザ・ニューズの「スモール・ワールド」。この曲は、パート1とパート2に分かれていまして、両方で8分くらいかかります。ちょっと長すぎて普段の番組枠ではかけにくいんですが、今日は特別2時間枠なので、それにつけ込んでしっかりかけちゃいます。

パート1がヒュー・ルイスのバンドの演奏で、パート2にはジャズ・テナーの雄、スタン・ゲッツのソロが大々的にフィーチャーされています。どうしてそんなユニークな組み合わせが実現したのか?



当時スタン・ゲッツはスタンフォード大学でジャズ科のクラスを受け持っていまして、その学科の予算を稼ぐために、年に一度、慈善コンサートを開いていたんです。でもジャズ・ミュージシャンだけのコンサートではあまり多くの客が集まらないので、当時人気絶頂だったヒューイ・ルイスに声をかけたんです。「もし無料でこっちのコンサートに出てくれたら、代わりに自分がそちらのレコーディングに無料で参加するから」と。

ジャズ好きのヒューイは、「おお、それいいじゃない」ということで取引きに応じて、ゲッツはこのレコーディングをおこなったんですが、そのあとでスタンフォード大学の委員会が、「神聖なジャズ・コンサートにロック・バンドなんて呼べるか」みたいな面倒なことを言い出して、結局、ヒューイ・ルイスのバンドはコンサートに出ませんでした。要するにゲッツが「ただ働き」をしただけに終わった、ということですね。気の毒です。

*   *   *

▼2月14日(日)開催! 村上春樹さんのイベント「MURAKAMI JAM」オンライン配信チケット好評発売中▼

2021年2月14日(日)に開催される、作家・村上春樹さんが中心となってお届けするイベント「村上春樹 produce MURAKAMI JAM 〜いけないボサノヴァ Blame it on the Bossa Nova〜supported by Salesforce」特設サイトが公開されました。TOKYO FMのパーソナリティ陣による特別コメントや、大西順子さん×小野リサさん×坂本美雨さんのスペシャル対談など、今しか見られないコンテンツが盛りだくさんです。


「MURAKAMI JAM〜いけないボサノヴァ Blame it on the Bossa Nova〜 supported by Salesforce」オンライン配信チケットは現在発売中。配信時間は2021年2月14日(日)19:00から。



■前売り券:3,500円(税別)(※2月13日(土)23:59まで販売)
■当日券:4,000円(税別)(※2月14日(日)0時以降<日本時間>)

英語字幕付きオンライン配信チケットは、
■前売り券:4,000円(税別)(※2月16日(火)23:59まで販売)
■当日券:4,500円(税別)(※2月17日(水)0時以降<日本時間>)

配信時間は2021年2月14日(日)19:00から予定(※変更可能性あり)。
配信後1週間アーカイブ視聴が可能です。

チケット販売については、こちらの公式ページもご覧ください。

<ライブ概要>
公演名:「MURAKAMI JAM〜いけないボサノヴァ Blame it on the Bossa Nova〜 supported by Salesforce」
配信日時:2月14日(日)19:00〜
司会:村上春樹、坂本美雨
ゲスト:大西順子(音楽監督)、小野リサ、村治佳織 ほか
スペシャルゲスト:山下洋輔
主催:TOKYO FM
特別協力:Salesforce
制作協力:DNP大日本印刷
公式サイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/jam/