上白石萌歌(adieu)が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。9月14日リリースの3rdミニアルバム『adieu 3』から先行配信された新曲「夏の限り」を初フルオンエアし、楽曲への思いを伝えました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! adieu LOCKS!」8月16日(火)放送分)



――新曲「夏の限り」はどんな曲?

上白石:私は“adieu”という名前でアーティスト活動をしていて、9月14日にサードミニアルバム『adieu 3』をリリースします! やったー! すでにリリースされているシングル「穴空きの空」、「旅立ち」、そして先行配信された「ひかりのはなし」の3曲を含む全6曲です。今夜は残りの3曲の中から、新曲「夏の限り」を初フルオンエアします!

「夏の限り」は、シンガーソングライターの柴田聡子さんが楽曲提供してくださいました。春ごろにリリースした「灯台より」に続いて2曲目ですね。いまは夏のど真ん中だと思うんですけど、この曲は“夏の真ん中”っていうよりかは“夏の終わり”。私は「夏の限り」というタイトルに、ちょっと切なさを感じるんですけど……。柴田聡子さんの紡ぐ言葉がとっても素敵です。本を飛ばし飛ばし読んで、夏をいろんな形で表現して、いろんな夏を切り取って貼ってつけたような曲になってます。

私も歌っていて、いろんな情景が浮かびました。歌詞の1行にハッとしたり、見透かされたような気持ちになったりとか……。いろんなことを思いながら歌いました。それでは、早速みんなに聴いてもらいたいと思います。



上白石:(「夏の限り」オンエア後)いかがでしたか? この曲すごい難しいの。たぶん自分でカラオケに行っても、歌うの緊張するぐらい難しい曲なんですけど……(笑)。海に太陽の光が反射して、キラキラして見えるときがあるじゃん。ああいう光景を意識して、この曲を歌いました。

夏だけどちょっと静かさがあったりとか、湿度があったりとか……お祭りからちょっと外れた所って静かだったりするじゃん。そういう静けさみたいなものを、意識したりもしました。ぜひ生徒(リスナー)のみんなの夏が、この曲で彩られたらいいなと思います。この曲は歌詞がすごく素敵なので、『ここの歌詞が好きだな〜』っていうところもあったら、ぜひ教えてほしいです。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年8月24日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55/金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/