声優としても活躍中の鈴村健一(月〜木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。この記事では、1月20日(月)〜1月24日(金)の放送から、ニュースを象徴する1つの数字にスポットを当てるコーナー「SUZUKI TODAY’S KEY NUMBER」で取り上げたトピックを紹介します。


ハードキャッスル エリザベス、鈴村健一


◆119店
アメリカ音響機器大手のBOSEは、日米欧とオーストラリアに119ある直営小売店を、数ヵ月以内にすべて閉じるとアメリカメディアに明らかにしました。理由としては、ヘッドホンやスピーカーなど主力製品の販売ルートがオンラインに移ったためだそうです。

鈴村自身、販売ルートがインターネットへと移行しているのを実感しているようで「Apple製品が好きでお店に行って、実際に触ってみるんです。説明を聞いて、店員さんから『ネットで買うとオプションを付けられますよ』って。ネットじゃないと買えないものもある。でも店舗があることで、アミューズメント化しているというか。(店舗は)販売する場所ではなく物に触れる場所とか、考え方が変わっていく時代がくるかも」と話していました。

◆30億人
中国では、春節に合わせた大型連休を前に、故郷で過ごす人々の帰省ラッシュが始まっています。中国政府によると、2月18日(火)までに車や鉄道、飛行機で移動すると見込んでいる人数は、延べ30億人だそうです。

ちなみに春節の期間、「幸運を逃してしまうので髪を洗ってはいけない」「子どもの泣き声は不幸を呼ぶので、若い人たちは子どもの面倒をみるべし」「お金を借りてはいけない」「赤い下着を身に付けるべし」など“タブー”とされていることがあるそうで、鈴村は「へぇ〜、そうなんだ!?」と驚いていました。

◆およそ190ヵ国
アメリカの動画配信サービス大手「Netflix」は、スタジオジブリの21作品の配信を日本とアメリカ、カナダを除く世界およそ190ヵ国で、2月から順次開始すると発表しました。

これまでスタジオジブリはネット配信に対して消極的でしたが、今回の配信決定について、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは「今の時代、映画を観客に届ける方法がいろいろとあります。ファンの声に耳を傾け、作品の配信を決めました。世界中の人々がスタジオジブリの世界を発見することを願っています」とコメントしています。

鈴村は「スタジオジブリの作品が世界に広がっていくのはすごくいいこと」と期待を寄せていました。

◆550円
法令や資格関連の書籍を扱う出版社「日本法令」から発売された、“企業に失礼なく円滑に内定辞退できる”という商品「内定辞退セット」が、話題になっています。価格は税込み550円で、現在、就活生の間で大人気だとか。

近年、企業が新卒採用で内定を出した学生に対し、以降の就職活動を終えるよう強要する「就活終われハラスメント(オワハラ)」に悩む人もいるそうで、鈴村は「その人の人生はその人が決めるべきことだから、企業が決めることじゃない。その人が行きたい会社に行くべきだし、他を受けて決まって自分が行きたい会社なのであれば、堂々とそっちに行けばいいと思う」と主張していました。

◆75歳
エジプト3部リーグのクラブ「6th October」が、75歳のエズ・アル=ディン・バハダー選手と契約を結びました。これはギネス記録となり、横浜FCの三浦知良選手を23歳上回る最年長選手になります。

山崎は「カズ(三浦知良)さんはきっと“現役を長くやりたい”と思っていらっしゃるでしょうけど、75歳はすごいね……」とビックリ。三浦選手は2月26日(水)に53歳の誕生日を迎えるそうで、「ちなみにカズさんと僕、誕生日が一緒なんです。“2月26日生まれ”はカズさん、桑田佳祐さん、そして山崎樹範の三本柱」とアピールしていました。

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月〜金曜6:00〜9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月〜木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/