さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介するTOKYO FMの番組「ピートのふしぎなガレージ」。2月29日(土)放送のテーマは「アンチエイジング」。今回は、女性美容誌「美的」編集長の鈴木智恵さんに「アンチエイジングで大事なことや注目の化粧品」について伺いました。

※写真はイメージです



── この季節、アンチエイジングで大事なことは?

乾燥が大きなエイジングの原因になるので、何よりも保湿が大事です。肌に水分が十分に行きわたらなかったり、血行が悪くなって栄養が運ばれなくなったりすると、肌にすごくダメージがあります。健康状態と同じで、肌が弱っていくと考えても良いでしょう。

その保湿のためには、こっくりとした重めのテクスチャーを使います。しっかりと油分や栄養分が入っているモノを使って保湿しつつ、上からカバーもして肌を守り、さらに内側から血行や水分を行きわたらせて、肌を育てていく。これが秋冬の基本になります。

── 注目の化粧品はありますか?

一昨年くらいからシワを改善する美容液がたくさん出ていて人気になっています。厚労省がちゃんと“シワに効く”と認可した美容液なので「薬用」と書かれているんです。成分としてはニールワン、純粋レチノール、ナイアシンなど。各化粧品会社が競って研究をしているので、毎年のように新製品が発売されています。

もう1つのアプローチとして、去年あたりから“肌の基礎的な力を上げる”商品も人気です。肌にいる良い菌を育てるとか、発酵の力を利用するとか、人間が本来持っている力をより強めて、“肌をもっと元気にしよう”という商品が注目を集めています。

洗顔後、すぐに使うアイテムも増えました。今までだったら、洗顔後は化粧水を使うのが基本だったのですが、その間でブースター的に使い、何もついていない真っさらな肌に浸透させて、肌の力を上げていくんです。そういう商品なので「ブースター美容液」と呼ばれています。

── アンチエイジングで「まずコレ!」ということはありますか?

いろいろな方が共通しておっしゃるのは、洗顔です。自分が使える一番良いモノを洗顔に持ってくる。そうやって肌の汚れを乾燥させずに洗うことが、肌が変わる一番大きなポイントだと思います。

エイジングが進めば進むほど、肌に余分な角質が厚くなって、肌がゴワゴワしてきます。そうするといろいろなことをやっても肌に浸透していかないので、洗顔が重要なんです。最近の洗顔料はゴシゴシしなくても、泡をそっと乗せるようにつけるだけで大丈夫。流すときは熱いとも冷たいとも感じないくらいのぬるま湯をたっぷり使ってください。

TOKYO FMの「ピートのふしぎなガレージ」は、《サーフィン》《俳句》《ラジコン》《釣り》《バーベキュー》などなど、さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介している番組。案内役は、街のはずれの洋館に住む宇宙人(!)の博士。彼のガレージをたまたま訪れた今どきの若者・シンイチと、その飼い猫のピートを時空を超える「便利カー」に乗せて、専門家による最新情報や、歴史に残るシーンを紹介します。

<番組概要>
番組名:ピートのふしぎなガレージ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国37局ネット
放送日時:TOKYO FMは毎週土曜17:00〜17:50(JFN各局の放送時間は番組Webサイトでご確認ください)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/garage