Sano ibukiさんが、7月7日(水)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。この日リリースのニューアルバム『BREATH』について、パーソナリティのさかた校長とこもり教頭が感想を伝え、楽曲への思いを聞きました。



――7月7日に2nd Album『BREATH』リリース

さかた校長:こちらは、全12曲入りのフルアルバムとなっています。さらに、「初回仕様CD」には、“ぼっちtracks”として「ムーンレイカー (ぼっちver.)」「あのね (ぼっちver.)」「プラチナ (ぼっちver.)」の3曲が収録されています。

こもり教頭:はい!

さかた校長:アルバムを聴いて……Sano先生の楽曲は、すごく壮大でファンタジー要素が多い、という感覚だったんですけど、今回はパーソナルな部分、リアリティを追求した作品が多いように感じました。穏やかで優しい歌声が耳心地よくて聴いていたのが、今回は心の奥底にあるザラっとした部分、人間のむき出しの部分を歌から感じて、泣きそうになりました。

Sano:うれしい……!

さかた校長:今回の作品では、自分と向き合う、みたいなところがあったんですか?

Sano:ありましたね。前作の『STORY TELLER』(2019年発売の1stフルアルバム)だったり『SYMBOL』(2020年発売の1st e.p.)を書いている感覚とはまたちょっと違う、進化している自分を見つけていきたいし見せていきたい、というなかで、“よりPOPになりたい”と。POPな曲を書いてみたいなと思ったときに、“自分にとってのPOPって何だろう?”って追求していったんです。

こもり教頭:うん!

Sano:そのなかで、明るく楽しかったり、喜びみたいな部分を表現していることが多いなと思ったんですけど、それを表現するには裏の苦しみとか、それこそザラっとした部分、悲しい思いみたいなものを、冷凍保存しないといけない。

さかた校長:うん。

Sano:そうすると、自分のなかでもより深いところに潜って、深い言葉を探して……というのを何度も何度もしたアルバムですね。

さかた校長:それを聞いて、今回のジャケ写が……真っ白な空間にアンティークの椅子がポツンと置かれていて、その椅子に赤、黄色、青、緑、白の5色がランダムにペイントされているんですよね。今のお話のようなPOPなところもあるし、裏の苦しみみたいなものも感じました。このペイントもSano先生が?

Sano:そうなんですよ、自分で塗りました。この椅子を自分に見立てようって思って、「僕を椅子とするなら、どんな色を塗っていくんだろう?」と考えながら塗りましたね。ジャケ写を見たときに、“そこに誰でも座れる椅子がある、それが僕である”というのを、ジャケ写を通して伝えられればな、と思いました。

こもり教頭:なるほど! ぜひ、ジャケ写も見てほしいですね。そして今回は、(4曲目に収録されている)「pinky swear」のミュージックビデオのディレクションもされたんですよね?

Sano:はい、作りました。もともと映像の勉強をしていたこともあって、スタッフの方から「作ってみなよ」と言われて(笑)。

こもり教頭:どうでしたか? プレッシャーでした?

Sano:プレッシャーというよりも……自分の曲をミュージックビデオにするって、“答え”になっちゃうじゃないですか。

こもり教頭:受け手に提示することになっちゃうと。

Sano:そうなんですよ。「これが答えです」という映像を出すことになっちゃうので。あくまでもリスナーとして自分の曲を聴く、ということを何度もしなきゃいけなくて、それが難しかったですね。


【Sano ibuki『pinky swear』Official Music Video】

こもり教頭:僕は、どうしても聴いてほしい曲があるんですけど……。

さかた校長:(Sanoさんと)友達だからね、いいでしょう!

こもり教頭:(5曲目に収録されている)「lavender」をどうしても聴いてほしいんです。なぜかというと、僕は「魔法」という曲でSano先生と出会ったんです。あの曲はSano先生にとっても特別だし、僕にとってもものすごく特別な曲なんです。歌い上げる感じとか、あの世界観にいままで出会ったことがなくて。自分のなかではあの曲が1位だったんですけど、今回のアルバムを聴いてそれが「lavender」になったんです。いままでの曲は1人の登場人物を想像しながら聴いていたんだけど、「lavender」にはもう1人いて、その人物のストーリーが想像できるんです。

Sano:なるほど……!

こもり教頭:それで、Sanoくんの作る音楽の奥行きがグワーッと広がったというか、新しい引き出しを開けたな、というか……。どうやって表現したらいいかわからない気持ちだったり、アンニュイな気持ちだったり、悲しいことが起きたわけじゃないのに悲しいときだったり、誰かを思って寂しくなったり……そういう小さな、ちょっとチクチクするような気持ちを表現してくれている曲が「lavender」なんです。大切な人を思い浮かべて「大切にしたい」とすごく思えた曲です。

Sano:うれしいですね。話してくださったように、ドラマじゃないときドラマがあると思っているので、まさにそういう曲になっていると思います。

さかた校長:思いは伝わったけど、途中“Sanoくん”って言うてるやん。ガチの友達やん!(笑)。

Sano:愛が伝わりました……(笑)。

こもり教頭:(笑)。こういう時期だから、会えなくなった人も多いじゃない? そういう誰か大切な人を思って、ちょっとした思い出も尊かったんだなとか、その人の何気ないところが自分にとっては大切だったりとか……この楽曲を聴いて、生徒のみんなは何を思ったかな?

Sano:本当に……僕は曲で傍にいきたいってずっと思っているんです。この曲でそれができていたらうれしいなと思います。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年7月15日(木)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55/金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/