乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(だれはな)」。2月16日(火)の放送は、お笑いコンビ・さらば青春の光の森田哲矢さんが登場。大手事務所からの独立を経た、現在の思いや相方愛について明かしました。


森田哲矢さん(右)とパーソナリティの山崎怜奈



“真のコント日本一”を決める大会「キングオブコント」決勝進出が歴代最多としても知られる、さらば青春の光。7年以上前に大手芸能事務所を退所して、現在は個人事務所「ザ・森東」で目覚ましい活躍を見せています。

まさに「独立する芸能人」の先駆けとも言えますが、森田さんはいまの芸能界について「すごい時代になった。芸人もアイドルも個人でやっていく時代になったんやなって。僕らが独立したときからしたら考えられなかった」と驚きます。「ザ・森東」の社員は社長の森田さんを筆頭に、相方の東ブクロさん、マネジャーの3人とネコ1匹。仕事の選別やお金の管理はマネジャーに任せ、「僕が会社でやる仕事はネコに餌をあげるくらい」と笑います。

ネタは基本的に森田さんと作家が考え、東ブクロさんがゴーザインを出すという流れ。れなちが「『たまにはお前もつくれよ』みたいにならないんですか?」と聞くと、森田さんは「聞けば出てくるけど、聞かんかったら出てこない。すごくないですか? ものを発信したい欲を胸にしまって死んでいく。なにを考えているのかわからない」と相方のスタンスについて言及。

さらば青春の光のYouTube公式チャンネルでも企画を考えるのは、やはり森田さんと作家だそうで「でもお給料は折半なんですね」とれなちが笑うと、森田さんは“相方の可能性”について話します。

「いつかあいつが億単位の金を引っ張ってくる気がする。そういう雰囲気だけ出してくるんです(笑)。僕も朝から晩まで働いて、はらわた煮えくりかえって歩合制にしようかと思うときもあります。でも、その瞬間にあいつが億単位の仕事を取ったら後悔がえげつない」と笑いを誘います。

そんな森田さんにとって、相方は「いつまでも出ないパチンコ台」。「出るまでその場を離れられない。そんな感じです」と例えます。そして、今後の展望については「楽しく自分らで仕事ができればいい。司会業なんかもオファーがあればやりますけど、できれば東ブクロだけイジっていたい」と笑顔をのぞかせていました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年2月24日(水) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/