TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。6月27日(月)のお客様は、野口五郎さんと岩崎宏美さん。ここでは、2人が経験した“デビュー後の下積み時代”を振り返りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)岩崎宏美さん、野口五郎さん


◆野口「ミカン箱の上で…」

岩崎:“J-POP”っていう言葉が出てきたときに、「なんで私が、いつまでも(レコード屋さんの)歌謡曲のコーナーにいるんだ」って、レコード会社の人に怒ったことがあるの(笑)。

野口:新しいジャンルに行きたかったの?

岩崎:いや。(その当時も)歌謡曲のジャンルには、(現役では)歌っていないような古い人しかいなかったわけ。「い」の列にね。ただ自分は今も歌っているから、それが嫌だなと思って。井上陽水さんとかはJ-POPにいるのに、岩崎宏美は(歌謡曲として)置いていかれてるわけよ。

野口:(笑)。“歌謡曲”っていうと古いイメージになっちゃうのかな。

岩崎:もちろん歌謡曲は好きですけど“その分け方ってどうなの?”って、一時期レコード屋さんに行くたびに気になっていた。ゴロリンは見に行かないでしょ? 自分がどんなところに並んでいるかとか。

野口:僕って、デビュー当時とかはレコード屋の前で歌っていたから、あまりレコード屋に良いイメージがなかったのよね。本当にミカン箱の上とか、プラスチックのビール瓶とかを入れる箱の上で歌っていたからね。しかも、マイクもないから拡声器なんだよ(笑)。

岩崎:えぇ!? ひどい!

野口:それでも歌うんだけど、右の方の人が「聞こえねえぞ!」って言うんだよ。

岩崎:ハハハ(笑)。そりゃそうよ、(拡声器の音は)前にしか行かないんだから。

野口:「はい、すみません」って、そっちに向かって歌うの(笑)。でも、そんなふうに人が集まってくれた日は良かったよね。まったく人が来ない日だってあるんだから。

岩崎:苦労しているんだね、かわいそう。

野口:夕方なんてさ、買い物かごをぶら下げたおばさんがチラッと僕を見ていくだけで。

岩崎:分かる。私も一度だけ、そんな経験があるんだ。

野口:嘘!? 岩崎宏美はないでしょ?

岩崎:いやいや。「二重唱(デュエット)」という曲を歌っているときに、レコード屋さんの方が「良かったらここで歌っていきなさい」っておっしゃって、それこそ、そういう台の上に立って一生懸命歌ったんだけど。

みんな通りすがりに聴くだけで、誰も買ってくれなかった。でも、その3ヵ月後に「ロマンス」という曲を出したら、どこでも誰でも買ってくれるようになって、それが不思議でしょうがなかったのを今でも覚えてる。

----------------------------------------------------
▶▶岩崎宏美、一番忙しかった「聖母たちのララバイ」の時期を回顧 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/