“一歩先を行く手の届く贅沢”をテーマにした情報紙「ビズスタ」から、社会で活躍するビジネスパーソンのウェルネスなライフスタイルに役に立つ最新情報をお届けするTOKYO FMの番組「ビズスタ THE REAL WELLNESS」。「ビズスタ」編集長・佐原雅之がパーソナリティをつとめます。1月8日(土)の放送は、先週に続いて車検専門企業「車検館」について、社長の有松真一さんにお話を伺いました。


社員の方と写真に納まる有松真一社長(右)



先週は、車検館の確定見積もりの内容や作業スピードの早さ、予約の簡単さなどについて紹介しましたが、今回は好調の車検館を支える従業員について有松社長に伺いました。

有松:車検館が好調な理由は、充実したサービス内容だけではありません。それらの業務に対して、真摯に取り組んでいる社員の力によるものです。元気な組織や業績のいい会社は、社員も元気だと思いませんか? 会社に頼るのではなく、社員同士がお互いに支えあうような会社。“この会社で働いてよかった!”と心から思えるような組織にするために、私は“従業員ファースト”の体制づくりに注力しています。

経費削減という言葉が飛び交う世の中ですが、車検館は積極的に設備投資をおこなって人員を増員し、社員が働きやすい環境を整えました。また、新聞の折込みチラシやウェブ広告など、さまざまなメディアを利用して車検館の認知度を高めて多くの方に知られるようになり、社員のモチベーションも向上しました。さらに、「新規のお客様が減ったら本社の責任。リピート率が下がったら店舗の責任」と、責任の所在を分けて、やるべきことを明確にしました。

このように従業員第一主義の会社だからこそ、お客さまのことを真剣に考える社員が育っています。ひいては、それがサービスの質の向上になり、好循環につながっているのだと思います。

佐原:従業員の満足度を第一に考える会社だからこそ、お客さまを大切に考えられる社員が育つ。それが、車検館の業績好調を支えているのですね。業界業種を問わず、さまざまな企業に役立つ考えだと思いました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年1月16日(日)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ビズスタ THE REAL WELLNESS
パーソナリティ:佐原雅之(ビズスタ編集長)
放送日時:毎週土曜7:25〜7:30