歌手で女優の今井美樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「LOVE UNITED」。この番組では、10年後、100年後にも歌い継がれ、人々の心に響く愛を歌った“LOVE SONG”の数々を紹介しています。10月の放送では、デビュー35周年を記念して制作したセルフカバーアルバム『Classic Ivory 35th Anniversary ORCHESTRAL BEST』(11月11日(水)リリース)収録曲を、どこよりも早く初オンエアしました。


今井美樹



◆安心してみなさんに観ていただけるように…
10月11日(日)の放送では、ニューアルバム『Classic Ivory 35th Anniversary ORCHESTRAL BEST』のリリースに先がけて、収録曲「未来は何処?」を初オンエア。アルバムリリース後にはライブ「billboard classics MIKI IMAI 35th Anniversary premium ensemble concert」の開催も控えています。

今年5月に開催を予定していたライブの振替公演ということで、開催を心待ちにしているファンに向けて「安心してみなさんに観ていただけるよう、楽しんでいただけるように(感染予防対策には)私たちも本当に徹底して気をつけております。ぜひ、来てくださるみなさまも、ご自身でできることをやって、みんなでハッピーな時間を過ごせるように(会場に)いらしていただけたらなと思っております」とメッセージを送りました。

◆小さな幸せを一つひとつ拾って…
10月18日(日)の放送では、宮崎県の42歳・女性リスナーから届いたリクエストメッセージを紹介しました。

「家族で観ていたドラマ『MIU404』(TBS系)の主題歌、米津玄師さんの『感電』をリクエストします。我が家の子どもたちはすっかり大きくなり、日常での会話もほとんどなくなりました。しかし、このコロナ禍で家族との会話がだいぶ増え、主人に冷たかった子どもたちも、ドラマと共通する主人の仕事(警視庁機動捜査隊)を理解して、尊敬するようになりました。コロナで怖かったり、いろいろとストレスもあったりしますが、悪いことばかりではなかったと思っています。なにもない日常がどれだけしあわせか、思い知らされました」

そんなメッセージに今井は、「ネガティブなエネルギーに包まれているからこそ、小さな幸せを一つひとつ、一生懸命拾っていったほうがいいと思っています。また、お父さんもリスペクトされるようになって、ご家族にとってはいい意味でリセットされるような、大切な時間になったのだと思います。よかったですね」と話し、リクエスト曲をオンエアしました。

◆ライブ・配信ライブへの思いを語る
10月25日(日)の放送では、東京都の40歳・女性リスナーから届いたリクエストメッセージを紹介しました。

「今年の夏は配信ライブをたくさん観ました。ライブハウスやフェスに行けないのは悲しいですが、私はまだ子育て中なので、家で家族と一緒に観られる配信ライブは、新しい音楽の楽しみ方として非常にありがたかったです。私がキャーキャー言いながらタオルを回して、ノリノリで歌って踊っている姿を見た夫と子どもたちは、かなりビックリしていましたけどね(笑)」

ライブの開催を11月に控えている今井は、「やっぱり生で音の響き、波動を聴いていただきたい、感じていただきたいという思いはもちろんあります。それが1番やりたいことですが、こうした新しいスタイルが増えていくのは、すごくいいことだと思っています。例えば、配信でやるのであれば、配信だからこそできる“こういうことをやりたい!”というような新しい考え方も、きっと自分たちのなかでも出てくると思う。今後は、ライブの選択肢がもっと広がっていくかもしれない。それをネガティブではなくポジティブに捉えて、みなさんと一緒に、音楽をずっとずっと続けていけるように頑張っていきたいなと思っています」と語りました。

<番組概要>
番組名:LOVE UNITED
放送日時:毎週日曜 12:30〜12:55
パーソナリティ:今井美樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lu/