シンガーソングライターのしなの椰惠さんが、8月31日(月)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。番組冒頭に披露した5月リリースのデジタルシングル「16歳」の歌詞にちなみ、パーソナリティのさかた校長、こもり教頭とともに、『家に居場所がない』というリスナーの話を聞きました。



さかた校長:本日の授業テーマは、『家に居場所がない』。家が一番居心地が悪くて、毎日がつらい。お父さんとうまくいかなくて、家に帰りたくない。今すぐにでも家を出たい……そんな生徒に話を聞いていきたいと思います。

――15歳(高1)女子リスナーの“家に居場所がない”理由

さかた校長:もしもし! いま、どういう状況なのか教えてくれる?

リスナー:はい。
『物心がついたころから全てのことを父親に否定された結果、自分が生きていていい存在なのか、生まれてきてよかったのかと考えて泣いてしまいます。私を傷つける父と暮らすのはとてもつらいのですが、本当は仲良くなりたいです。私はどうすればいいのでしょうか』

――このリスナーは……
両親と弟の4人家族。父親から注意されたことができないと、「これだけ言ってもできないなら、もうどうしようもない」、「生まれつきそういう性格だから直せない」などと自身を否定されるようなことを言われるとのこと。

さかた校長:グっと傷ついてしまうような言葉だったけど……褒められたことはないの?

リスナー:点数が良かったときには、仕方なくというか無理矢理な感じで褒めてくれます。でもその後には「勉強ができるなら、他のことも頑張れ」と必ず言われます。

さかた校長:手放しでは褒めてくれていないと感じてしまうんだね。

しなの:お母さんとはどういう関係なの?

リスナー:普段は褒めてくれるし優しいんですけど、お父さんが怒ったときに「一緒にいると具合が悪くなる」とか傷つくような言葉を言われることもあります。

さかた校長:う〜ん……日頃からお父さんといるときは、気を張ってしまうの?

リスナー:はい。「常に他人のように気を遣え」と言われているので、家では楽にすごすことはできていないです。

こもり教頭:う〜ん……。

さかた校長:こういうことを聞いてくれる人はいるの?

リスナー:話を聞いてくれる友達はいて、その子に話すと気が楽になるんですけど、また家に戻ると話せる人がいないので不安になります。

さかた校長:お母さんにも言えないの?

リスナー:はい。

さかた校長:そうか……それはつらいなぁ。でもお父さんと仲良くなりたいんだよね。

リスナー:はい。

しなの:例えばテレビを観て、「この人、めっちゃ面白いね」みたいな日常会話はできてる?

リスナー:日常会話をした記憶がほとんどないです。

しなの:そうなのか……。根っこの部分では、娘と会話をしたくない親なんていないと思うんだよね。でもお父さんは素直じゃないから、否定したり他の人と比べたりというのをしてしまって、もしかしたら「あ〜あ……」って思っているかもしれないよね。お父さんも(リスナーも)迷子になっちゃっている感じがするかな。

リスナー:はい……。

しなの:話し方が……話したことがないからわからない、で終わらせないで、面白いYouTubeを一緒に観てみるとか。それだと否定も何もないから、声をかけてみてもいいんじゃないかな。

リスナー:はい。

しなも:……難しいけどね。

さかた校長:そうですね。でもお父さんはきっかけがなくて、意固地に頑固になっている気もするよね。本当はお父さんのほうからやるべきだと思うけど、ちょっとだけ勇気を持ってフっと笑えるようなことで話しかけてみたらどうかな。

リスナー:はい。

こもり教頭:そういうのって、見つけられそう?

リスナー:はい。見つけてみたいと思います。

こもり教頭:ちょっとずつ近づけたらいいよね。

――黒板の時間:しなの椰惠からのメッセージ

こもり教頭:では、黒板を読み上げていただいてもよろしいでしょうか。

しなの:はい。『一体誰のための 人生なんだ』
みんな、いろいろあると思うんだけど……パパとかママとか友達とかも。でも結局は人と人との関わり合いだから……そう考えると、一番長く関わるのって自分なんだよ、生きていく中で。朝起きて夜寝るまで、ずっと自分でいるから。それを、時々忘れてしまうこともあるかもしれない。誰かのせいで、誰かのためにやってあげたのに、ってなると、それこそ迷子になっちゃう、凝り固まっちゃう。だから、自分勝手に生きろって言っているんじゃなくて、誰よりも……パパよりママより友達よりも、自分に一番優しくしてほしいなと思って書きました。



番組の最後にしなのさんは、「実際私も、まだ全部は解決していない。偉そうなことを言ったけど、自分のことになると“どうしてもできない”ってことのほうが多い。だから、いつか遠い未来にでも“こうなったらいいな”ということを歌にしました」と話し、弾き語りで『父の唄』を披露しました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年9月8日(火)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月〜金曜 22:00〜23:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/