山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。8月10日(水)の放送では、みんなの“夏の恋の思い出”をシェアしました。


※写真はイメージです



世の中をザワザワさせているニュース“ザワニュー”のなかから、気になるものをピックアップする「スピークアップ」。この日のテーマは“Back to the Summer Memory〜アノ・ナツノ・コイ〜”。みんなの夏の甘酸っぱい恋の思い出を伺いました。

まずは「大学の頃、遠距離恋愛をしていた彼女とは、長期休みにしか会うことができなかったが、ある夏休み、地元に戻った際に2人で夏祭りへ。浴衣姿の彼女の美しさは今でもはっきりと覚えているし、夜空に花火が上がったときの彼女の横顔がキレイだった」「大学時代、当時付き合っていたバイク乗りの彼が、私専用の赤いヘルメットをプレゼントしてくれて、2人でいろいろな場所に出かけた。そのなかでも、2人で出かけた花火大会。バイクの後ろで見た打ち上げ花火は、今まで見た一番キレイな花火だった」と花火にまつわる思い出が2連発。

れなちは「私も専用の赤いヘルメット欲しい!」「いいな〜、素敵だな〜」とうらやましがります。

続いて、「小学生の頃、地元の夏休みで当時気になる女の子が浴衣姿で遊んでいたが、恥ずかしくてからかうことしかできなかった。勇気を出して誘っていたら何か変わっていたのかな」「高1の夏、付き合って間もない彼女と花火大会へ。人混みを理由に初めて彼女と手をつないだら、放すタイミングがわからず最後まで手をつないでいた。僕の気持ちを察してか、リンゴ飴を片手にずっと手を握っていてくれた彼女には感謝しかない」と甘酸っぱいメッセージが続々と。

れなちは「4通続けて読みましたけど、私はどんな顔をして読めばいいんだろう(笑)」とキュンキュンしながらも苦笑いを浮かべます。さらには、自身の学生時代を反省し「もう1回やり直したいな(苦笑)」とも。

また「3年間好きだった女の子に告白したが、あっけなく散り、その日の夜に聴いたOfficial髭男dismの『Pretender』は身に染みた」というほろ苦いメッセージもありつつ、なかには「今まさに恋愛中。通勤の電車・バスが一緒で同じ会社だが、名前がわからない方がいる。2度ほどバスの席が隣になったがイヤホンをしているため話かけられず。こういう場合はどうすればいい?」という相談も。れなちは「何かきっかけがないと話しかけづらいですよね……。どう話しかければいいんだろう」と苦悶します。

一方、「はるか昔、花火を見に行ったときに今の夫に声をかけられ、そのまま付き合った。そのときはとても素敵に見えたが、昼間にあったときの彼は普通だった」「夏のアウトドア婚活で知り合った男性。とても素敵だったが、付き合ってみるとドケチで幻滅」「高2の息子が今、恋をしていそう。父親あるあるかもしれないが、何も情報が入ってこない。私以外の家族で情報共有していて楽しそう。息子よ、いい恋しろよ!」というメッセージ3連発には思わず笑ってしまうれなち。特に最後のお父さんには「切ない!」と同情しきり。

そして最後には「コロナ前、年上の彼氏と明治神宮の花火大会へ。あれから3年、思うように花火大会は開催されず、その間に私は彼と婚約・結婚・出産。今年は遂に3年ぶりに再び花火大会が開催されるので、束の間の夫婦時間に花火を見に行くことに。とても感慨深いし、楽しみ!」とコロナを経たハッピーなメッセージが。

れなちは「今までとは環境が変わったって方もいるでしょうね」と思いを馳せる一方で、「“相変わらずひとりですが、何か?”という方、仲間です(笑)。この夏、あの手この手を尽くして楽しんでいきましょう!」と独り身仲間を気遣っていました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年8月18日(木) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:山崎怜奈
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/