flumpool



ジョージ・ウィリアムズ、安田レイがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組 「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」 。5月23日(土)の放送は、flumpool・山村隆太さんがリモートで出演。初めて買ったCDや、5月20日(水)発売のアルバム『Real』についてお伺いしました。

◆初めて買ったCDは、当時好きだった人の好きなアーティスト!
 
──山村さんの初めて買ったCDはなんですか?
 
山村:初めて買ったCDは、aikoさんの「ロージー」です。
 
──買ったときのことは覚えていますか?
 
山村:めちゃくちゃ覚えていますよ! 当時好きな子がいて、その子がaikoさんが好きだったので、話すきっかけが欲しくて、リリース日に買いに行って「俺、貸せるよ?」って言う口実で買いました。純粋な“音楽心”じゃないのが、お恥ずかしいんですけど(笑)。
 
──ちなみに、どういうふうに言ったのですか?
 
山村:「おお、俺買ったで! 貸せるよ?」って言いました。でも、結局うまくいかなくて、貸すときに会えたりはできたのですが、発展することなく終わってしまいました。
 
──そのCDは返してもらったのですか?
 
山村:実は返してもらってないんですよ!
 
──音楽番組とかでaikoさんにお会いしたこともあると思うのですが、そのときに「ロージー買いましたよ!」って言いましたか?
 
山村:言いたかったんですけど、aikoさんに僕の苦い思い出を巻き込むこともできないので、言ってないです(笑)。
 
◆新アルバムのジャケ写が“全裸”の理由
 
──5月20日(水)に発売されたアルバム『Real』はどんなアルバムですか?
 
山村:“Real”というタイトルは、弱さや隠したいことと向き合って、それをいま“伸びしろ”としていこう、という意味があります。それを、メンバーだったり、スタッフやファンの皆さんと一体になれたらいいな、という思いもあります。
 
──何があって、そういうふうになったのですか?
 
山村:僕は、元々強がってしまう人間だったけど、活動休止中、声が出ないというときには、メンバーに「助けて」って言うしかなかったんですよね。活動休止をすることによって、すべて崩れていくような音はしたんですけど、みんなが「大丈夫! 大丈夫!」と声をかけてくれたので救われました。
 
──メンバーの存在は大きかったですか?
 
山村:はい。メンバーにはたくさん助けてもらったし、メンバーがいないと、こういうふうにラジオにも出れなかったと思います。
 
──アルバム『Real』のジャケットが“全裸”ですが、なぜそうなったのですか?
 
山村:デビューしてから12年経って、干支も1周しているし、人間的にも苦い経験をしてのいまがあるので、“ありのままをジャケットにしよう”っていう案がありまして、ふざけて言ってみたら本当になりました(笑)。
 
──“照れ”とかはありましたか?
 
山村:照れまくりでしたよ! でも、テンション高かったですよ!
 
──撮影中は、メンバーと目は合いましたか?
 
山村:目を合わせると恥ずかしかったですね。“メンバー全員で裸”なんてなかなかないし、スタッフさんも30人くらいいて恥ずかしかったのですが、変な開放感もありましたね(笑)。
 
──アルバム発売は4年振りですが、久し振りに感じますか?
 
山村:僕には、すごく長かったです。“音楽を辞めなきゃ”って思ったこともあったので。
 
──どのタイミングで光が見えましたか?
 
山村:活動休止して、半年くらい歌わないときがあって、リハーサルで歌おうとしたら、休止する前より声が出なくて。でも、そのときにメンバーが「今日は0点でも、明日1点でいいじゃん」って言ってくれて。そこで、光が見えましたね。
 
──「NEW DAY DREAMER」はどんな曲ですか?
 
山村:活動開始したときの、“こういう歌を歌いたいな”という思いで作りました。初めて上京した日を切り取って、歌にしたんです。いまのこの時期と重なるような歌詞もあって、“明日はこういうことをしたいな”“こうなっていて欲しいな”という夢を描いている時期だと思うんですよ。だから、そういう願いを込めた曲でもありますね。
 
──アルバムの初回限定版に、去年の全国ツアーのライブ映像が付いていますが、このツアーはどうでしたか?
 
山村:ライブができる喜びを実感できるライブでした。そして、みんなに感謝してライブをしたのを覚えています。
 
──次のツアーが7月11日(土)からスタートしますが、そのライブへの想いはどうですか?
 
山村:今回のアルバム『Real』のツアーなんですけど、このアルバムは、“ライブで完成する”と思っているので、楽しみにしています。そして、このアルバムは、100点の自分じゃなくて、50点でも、0点でも、いまの自分と向き合って、未来に繋げていって欲しいなと思います。“1人じゃなくて、みんながいるから”ということを忘れて欲しくないですね。みんなで音楽を鳴らしたい、このアルバムを完成させたいので、必ずライブはやりたいなと思っています!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年5月31日(日) AM 4:59 まで
 
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
 
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:JA全農 COUNTDOWN JAPAN
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜13:00〜13:55
パーソナリティ: ジョージ・ウィリアムズ、安田レイ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/cdj/