住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。2月15日(月)放送の「Blue Ocean Professional リクルート コレカラ会議」のコーナーでは、リクルートスタッフィング スマートワーク推進室 室長の平田朗子さんが登場。学校と職場が変わる“オンライン行動”のコレカラについて伺いました。


(左から)住吉美紀、平田朗子さん


◆コロナ禍で人材派遣業界の働き方は?
コロナ禍で、人材派遣事業の業界においても働き方が大きく変わったという平田さん。「コロナ前にテレワークをしている派遣スタッフの方の割合は、全国で1%ぐらいだったんです。それがコロナ禍になり、一番高いときで48%の方がテレワークをしている状況でした」と話します。2021年1月の時点でも、およそ33%の方がテレワークで業務にあたっています。

テレワークへの移行について、平田さんは「スムーズに進んだ」と実感を語ります。とはいえ、導入する当初は不安の声もあったそうで、企業側からは「コミュニケーションがうまくいくのか」「仕事がちゃんと成り立つのか」といった意見があり、一方で派遣スタッフの方からは「家で仕事ができるのか」「上司とコミュニケーションをとれるのか」といった声が、双方の現場から寄せられたそう。

ところが、実際にテレワークを始めてみると「どちらからも『非常によかった』という声が上がっている」と平田さん。というのも、企業側からは「むしろテレワークのほうが“生産性”が上がった」という声が33%もいたそうで、「変わらない」という方は5割程度。対して、派遣スタッフ側も6割以上の方が「『変わらない』と『“生産性”が上がった』と回答されています」と現場での反響について語ります。

◆テレワーク実施で聞こえてきたリアルな声
テレワークへの移行が進み、実際にテレワークを体験した後のアンケートで、“困ったこと”として一番多かった声は「運動不足」。平田さんによると、6〜7割の人が「運動不足」と回答していたそうで、次いで多かったのは「自宅の環境整備」。家族のなかで自分以外にも在宅勤務をしている人がいる場合、同じ部屋での作業はうるさい、など環境面における不満を挙げる人も。「作業をするための机や椅子などが必要になる」という声もあったそう。

そうした声もある一方で、平田さんは「業務内容による部分もある」としながらも、「実際にテレワークをやってみたら『自宅で1人のほうが集中できる』『自宅のほうが(作業が)はかどる』と言う方が多かった」と言います。

そして、企業側、派遣スタッフ側ともに「変わらない」と実感している人が最も多かったそうで、「例えば、オフィスでも上司とのコミュニケーションがとれている場合には、(テレワークで)家からでもコミュニケーションがちゃんととれるし、『場所の問題ではない』という声が多かったですね」と現状を紹介。また、「なによりもよかったこととして『通勤時間の分が有効活用できる』という意見がやはり圧倒的でした」と、主なメリットを挙げていました。

◆テレワークで成功している企業から学べるポイント
現場からのさまざまな声に触れ、多くの成功事例を目にしてきた平田さん。テレワークでうまくマネージメントできている企業には「3つのポイントが明確にあった」と言います。

1つ目は、「自主的なルール設定が可能になる小さな単位の組織化」。つまり、「これまで部単位で物事を決めていたことを、むしろチーム単位で決める。いろいろなルールだったり、ミーティングだったりを2〜3人でコンパクトにおこない、権限を委譲している場合にけっこううまくいっていました」と事例とともに紹介。

そして2つ目は「業務内容の更なる見える化」だそう。「業務内容の定義をもう少し細かくし、“なにをやらなければならないのか”を週単位もしくは月単位で上司と部下での擦り合わせができている企業は、派遣スタッフの方もうまく働けている」と話します。

3つ目は「双方向なコミュニケーションが取れる環境づくり」。これは、風通しがよく、お互いに意見が言いやすい職場環境をいかにつくれているかで、「例えば、上司が部下に日頃から『なにか質問があったら、いつでもチャットで送ってきてくれていいよ』、会議の場で、「困っていることがあればなんでも言ってください』など、意見を吸い上げやすくなるような声がけをされていました」と平田さん。

これら3つのポイントを紹介しつつ、よりよい職場環境をつくるために上司に求められる役割として「これまでは“上司と部下”の上下関係がハッキリしていて、上司が部下に命令をするような関係だったかと思います。それが、今後オンラインになってくると、(相手の顔などが)見えない分“自律を促すこと”が重要になってくる。お互いの関係性がもう少しフラットになってくると思うので、上司には観察力や共感力が必要」とアドバイス。

そしてオンライン化が進むことによって、「命令よりも伴走と言いますか、(上司が部下と)一緒に走るようなフラットな関係に変わってくるのではないでしょうか」と話していました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年2月23日(火・祝) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時 :毎週月〜金曜9:00〜11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/bo/