スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。今回の放送では、“別れ”について語りました。


◆江原からの“ことば”
人生、別れのときは遅かれ早かれ訪れるものです。3月は卒業・入学などの別れと出会いもありますね。

私の歌に「旅立ち」という曲があります。出会いと別れを繰り返し、つらいことばかりなのに人はどうして生きていけるの? それは、また輝ける日が来るから……という歌です。

人生には出会いと別れがつきものなので、そういった歌詞を付けました。また、スピリチュアルな世界では永遠の別れというものはない。必ず再会するんです。

また、生きていても、例えば卒業式ではみんな悲しんだりしますが、卒業したら意外に冷たく忘れていたりするんですよね(笑)。一方で、生き別れ、死に別れなどつらい別れもある。残された人はつらいものです。

スピリチュアルなことに興味を持ったり、気づいたりするときは、愛する人を失ったことがきっかけになるのではないかなと思うんです。私は早くに両親を失ったので、“人ってどうして生まれてくるんだろうか?”と考えるきっかけになりました。

でも、それが悲しいことばかりではなく、そのことを考えることで強くなって、これからの人生が輝いていくようにもなると思うんです。だからみなさん、そういったときに悲しまず、未来を楽しみにしていただけたらなと思います。

◆江原啓之 今宵の格言
「別れても、軌跡は消えません」
「大切なのはどれだけという物量ではなく、込めたかという質なのです」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00〜22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30〜12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/