ミュージシャン、デザイナー、作家、俳優、職人など、異なるフィールドを舞台に活躍する“ふたり”が語らうTOKYO FMの番組「三井ホーム presents キュレーターズ〜マイスタイル×ユアスタイル〜」。3月26日(金)放送ゲストは、安藤桃子さん(映画監督)×松本恵奈さん(DESIGN株式会社の代表取締役社長)。ここでは、母親でもあるお2人が子育てについて語りました。

安藤桃子さん、松本恵奈さん



安藤さんは、ロンドン大学芸術学部を卒業後、ニューヨークで映画作りを学び、 2010年に映画「カケラ」で監督・脚本デビュー。翌年、初の長編小説「0.5ミリ」を出版、2014年には監督・脚本をつとめた同名映画で数々の賞を受賞し、国内外で高い評価を得ました。「0.5ミリ」の撮影を機に高知へ移住。ミニシアター「キネマM」の代表や、ラジオ番組「ひらけチャクラ!」(FM高知)のパーソナリティもつとめています。農業や食、教育、芸術などを通し、子どもたちの感性を育む活動にも力を注いでいます。

一方、松本さんは2015年にCLANE DESIGN株式会社を設立し、代表取締役社長兼ファッションブランド「CLANE」のクリエイティブディレクターをつとめています。“ORIGINAL STANDARD”をコンセプトにしたアイテムは30代の女性を中心に人気を集め、松本さんのファッションのみならず、そのライフスタイルは多くの方から支持されています。

◆いろんな人と交流してほしい!

安藤:子育てはどうですか? お子さんは今、何歳?

松本:多分近いですよね。娘さんは、今年、小学校入学ですか?

安藤:そう! 4月で小学校1年生。

松本:うちは女の子で、もうすぐ2年生なんですよね。下が4歳、男子。めちゃめちゃ可愛いですよ、大変ですけど。

安藤:怒ったりする? 私は、自分ではすごい怒りっぽいと思うんだけど、母には「もっと怒った方がいいよ」と言われたり。

松本:私も怒っていて、怒りすぎているかもと思って、ちょっと反省し、最近は全然怒ってない。

安藤:2人いると1人目の経験値はいかされる?

松本:めちゃめちゃいかされるから、それもちょっと、反省したんですよね。1人目はすごくバタバタして、子どもに対して怒っていたときも多かったと思うんですけど、2人目は、はいはい、そんなもんだよね、みたいな感じで怒る回数とか怒る度合いがちょっとゆるい気がしていて。

安藤:育児は、いっぱい、いっぱいになってしまうことも多よね。

松本:そうですよね。

安藤:母になるのも初めてだし、初体験なのに雑誌とかネットで、偉い人のいう子育ての情報を聞いていたら、それをしなきゃいけないような空気感がこの社会にはびこっていて、お母さんはこうあるべきみたいな。朝昼晩ちゃんとご飯を作って、叱り方はこうがよくて、ああがダメとか、それもさまざまな意見があって、理想のお母さん像に押しつぶされそうになる時期があったりもしたし、それができない自分に罪悪感を抱き、子どもみたいに1人でわんわん泣いたりすることもあったけど、そういうときはどう乗り越えている?

松本:私も一緒かも。1人で泣いたりするかも、反省して。やっぱり最終的に何が子どもにとって一番良いのか、怒り方とか褒め方とかどういう言い方がこの子にとって一番伸びるのかを考えてから、接するようにしている。でも無理なときもあるけど。それがなかなか難しいなと思うんですよね。

安藤:家族だけではなくてもっとみんなで育てられたらいいなと思う。人の子も我が子も一緒みたいな。昔の長屋システムだよね。高知には、それがまだ残っているから、みんなで寄ってたかって育てるというんだけど、わたしはシングルマザーだから、どうしても2人だけになると、それが楽しいときもあるんだけど、やっぱりいろんな人と交流させてあげたいと思う。

松本:私も2人目ができる前はすごい思っていました。いろんな子と話して欲しいから、会わせたかったし、遊びの予定を入れたりとしていたなぁ。

▶▶番組Webサイトでは、放送内容をPodcastで聴くことができます。ぜひお聴きください!

次回5月14日(金)放送のゲストは、向井太一さん(シンガーソングライター)と小泉智貴さん(ファッションブランド「tomo koizumi」デザイナー)です。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:三井ホーム presents キュレーターズ〜マイスタイル×ユアスタイル〜
放送日時:毎週金曜 17:00〜17:25
ナビゲーター:田中麗奈
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/curators/