住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。4月5日(月)放送のコーナー「Blue Ocean Professional supported by あきゅらいず」のゲストは、宅トレYouTuberの竹脇まりなさん。“宅トレ”と呼ばれる自宅でできるトレーニング動画で大きな反響を呼び、YouTubeチャンネル登録者は220万人超え。2月に出版した初の著書「やせるダンス 楽しく踊るだけ!! 全身の脂肪をいっきに燃やす」(KADOKAWA)も話題を集めています。今回はそんな竹脇さんに、人気クリエイターになるまでの道のりについてお聞きしました。

竹脇まりなさん、住吉美紀



「頑張るプロフェッショナルの女性の素顔に迫る」をテーマに、各界で活躍されている素敵な女性をゲストに迎えて話を伺うコーナー「Blue Ocean Professional supported by あきゅらいず」。今回のゲストは、宅トレYouTuberの竹脇まりなさんです。

◆インストラクターを目指したきっかけは?

住吉:もともと会社員をされていたんですよね?

竹脇:はい。秋田出身で、大学進学のタイミングで東京に出てきて、卒業後は金融系のサラリーマンをしていました。

住吉:今と全然違う(笑)!

竹脇:そうなんです(笑)。母親がフィットネスのインストラクターをやっていたんですけれど、そのハツラツとした生き方に憧れて、6年間勤めた会社を辞めてフィットネスのインストラクターを目指しました。

住吉:素敵! 灯台下暗しじゃないですけれど、社会人を6年やってお母さんの素敵さに気づいたわけですね。

竹脇:本当におっしゃる通りです。昔は“ステータス女子”だったので、有名な会社に勤めて、お金が稼げて、お休みも取れて……みたいな働き方に憧れがありました。でも、母親のようにフィットネスで周りを明るくするお仕事って本当に素敵だなと思って、28歳のときに奮起して「会社を辞めよう!」と選択しました。

住吉:会社を辞めるとき、旦那さまと約束していたことがあったようですね?

竹脇:30歳までの2年間で、精神的・経済的に自立できるようにならなければ「サラリーマンに戻る」という約束をしていました。それは私のほうから言ったのですが、人生をガラリと変えることだったので、(目標に)お尻がないと、自分のお尻にも火がつかないし(笑)。期限を決めて、目標に向けて頑張らないと……って思ったので、旦那には「30歳までに」と約束しましたね。

◆人気YouTuberになった秘訣は?

住吉:思い描いた通りにいきましたか?

竹脇:最初は全然ダメでした。フィットネスは好きだったのですが、教える能力も資格もなかったので、フィットネスの勉強のために海外に短期留学もしました。“インストラクターになってやる!”と鼻息荒く帰国したものの、全然雇ってもらえなかったんです。私のスキル不足で、ジムに履歴書を送っても全落ち……みたいな。

住吉:そこからYouTuberに?

竹脇:当時は1年間くらい、そんな感じで全然仕事にならなくて。旦那が日系アメリカ人なんですけど、仕事の都合でアメリカに行くことになったんです。そのときに、ぬるっと始めたのがYouTubeだったんです。

住吉:日本で仕事ができなくなるので、オンラインでということですね。

竹脇:そうなんです。私は英語も喋れないので向こうに行っても仕事ができないし、何かしないと……と思って、しがみついたのがYouTubeでした(笑)。

住吉:そこからYouTubeでの人気が一気に?

竹脇:いえ、そんなことはなくて(笑)。始めてから9ヵ月間はチャンネル登録者も300人くらいで、視聴回数も10回、20回くらいでしたね。今みたいに「宅トレ」とコンテンツを絞っていたわけではなく、出しているコンテンツもバラバラの迷走チャンネルでした。

住吉:今ではチャンネル登録者数も200万人超え。人気になれた秘訣は何だったんでしょうか?

竹脇:一番は、“ダイエット友だち”のような感覚で、みんなと一緒に宅トレを楽しむダイエット動画に振り切ったことかと思います。

住吉:“教える”ではなく、“自分も一緒に”ということですか?

竹脇:リアルの世界ではインストラクターになれなかったのですが、運動は好きで“楽しいよね!”って、ずっと思っていました。だからYouTubeではインストラクターや先生という立場ではなく、同じダイエット友だちとして視聴者の方たちと一緒に楽しむというスタンスが、ありがたいことにみなさまに響いたのかなと思います。

◆“自分はそのままで美しい”と暗示すること

住吉:竹脇さんが明るく自然体でいられる秘訣を教えていただけますか?

竹脇:昔はインストラクターになりたくて自分を盛って大きく見せようとか、より美しく見せようみたいな努力をしていたのですが、“自分はそのままで美しい”と暗示して、背伸びをしないこと。“ありのままの姿で自信を持つ”じゃないですけれど、盛らずに等身大でいることを意識していますね。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2020年4月13日(火)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時 :毎週月〜金曜9:00〜11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/
特設サイト:https://www.tfm.co.jp/bo/aky/