シンガーソングライターで俳優の福山雅治がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「福のラジオ」。7月24日(土)オンエア回では、人気コーナー「恋バカ女子&恋バカ男子」に寄せられた1通のメールをきっかけに、新コーナーが誕生しました。


福山雅治



まずは、今回の恋バカ女子・きみきみさん(宮城県・26歳)のメールを紹介します。

きみきみさんは、就職で山形から仙台へ出てきたそうですが、慣れない仕事のストレスや知り合いのいない新しい環境への不安から、会社の先輩に教えてもらった1軒のBARに通うようになります。というのも、きみきみさんがどれだけ仕事の愚痴を言っても、穏やかに受け止めてくれるマスターに惹かれるようになったからです。“マスターだけがわたしの味方”と、どんどんのめり込んでいくきみきみさん。いつしか常連さんにも冷やかされるようになり、50代くらいのマダムにも「マスター、すごく若い彼女できたね!」と言われて舞い上がっていました。

ついにあるとき、きみきみさんはマスターに自分の気持ちを打ち明けます。マスターからは「ちょっと考えさせてほしい」という返事ではありましたが、その告白をきっかけに2人の仲はグッと深まっていきます。そして、週末にお店を閉めた後、2人でマスターの家に帰ることも増え、合鍵も渡され“あ、これは付き合っているんだな”と信じて疑わなかったそうです。

ところが、そんな関係が4ヵ月ほど続いたある日、突然マスターから「もう、うちには来ないでほしい」と。混乱するきみきみさんにマスターは「前に付き合っていた彼女とやり直すことにした……」。納得のいかないきみきみさんは食い下がりましたが、マスターは頑なに態度を崩しません。それどころか「お店にも二度と来ないでほしい」と……。「よくよく聞いてみると、よりを戻すことになった彼女が、以前『マスター、すごく若い彼女できたね』と冷やかした50代のマダムでした。私は、大人たちから“子ども扱いにされていたんだ”とショックでした……」と話します。

その後、マスターから「家の鍵を返してくれ」と言われた瞬間はさすがに腹が立ち、鍵を投げようとしましたが、鍵についていたキーホルダーが指に引っ掛かり、その反動で鍵が手の甲に当たって骨にヒビが入ってしまう、という踏んだり蹴ったりの結果に……。

「2度とBARの男には恋心を抱かないと誓っています」。

福山は、つらい経験をしたきみきみさんを慰めつつ、BARという特殊な空間について、こう言います。

「僕の独自な統計と勝手な妄想ですが、1人で経営してるBARのマスターは、1人で来店する女性のお客様と深い関係になりがち。世界中にある“1人経営のBAR”には、数え切れないほどの男女の物語が、お焚き上げされずに埋もれているんでしょうね」

そこで、こんな新しいコーナーを提案します。

「『恋バカ』コーナーよりも一歩踏み込んだ、まわりの人には打ち明けるのを躊躇するような恋愛経験をお持ちのリスナーがいらっしゃれば、ぜひメールを送ってください。僕がバーテンダーとなり、みなさまの貴重なエピソードをラジオドラマ風に紹介させていただきます。題して『BAR 福のラジオ』。この後、16時からはリリー・フランキーさんの『スナック ラジオ』もオープンしますから、よりディープな恋愛経験をされたという方はそちらへ(笑)」

ということで、「BARのマスターにこんな口説き方をされた」「こんな恋に落ちた」という苦い経験をされた方は、ぜひともメールしてください。「BAR 福のラジオ」でお焚き上げさせていただきます!

では次回オンエアは7月31日(土)です。お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2021年8月1日(日)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:福山雅治 福のラジオ
放送日時:毎週土曜14:00〜14:55
パーソナリティ:福山雅治
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/fukunoradio/