ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。4月5日(月)は、『学校説明会』をテーマに放送。まずはパーソナリティのさかた校長、こもり教頭が、初めて聴くリスナーのために自己紹介を行いました。



さかた校長:新入生のみんな! はじめまして!! SCHOOL OF LOCK! にようこそ!

こもり教頭:「SCHOOL OF LOCK!」、これがラジオの中の学校の名前です。

さかた校長:そして在校生のみんな! これからもよろしく!! まずは自己紹介をしておこうか! 俺が校長のさかたです。お笑い好きで、金髪で、実家がセロリ農家です。

こもり教頭:僕、こもり教頭は大のダンス好きです! 特にGENERATIONS from EXILE TRIBEとものすごく交友がある、むしろツーツー、なんなら僕がちょっと決定権を持ってたりするぐらい権力を持っている教頭になります。

さかた校長:どういう状態? それ?

こもり教頭:いつごろこういうシングルを出そうかとか、タイトルとか、発売日とか、ちょっとだけ決める権限持ってる。

さかた校長:すごいね。それを言うなら……みんなは存じてないかもしれないけど、サンシャインっていう人たちのハイパー決定権しか持ってない、俺は。

こもり教頭:ハイパーを持ってるの?!

さかた校長:うん、全部決めてる(笑)。

こもり教頭:(笑)。

さかた校長:こんな2人で、毎日授業を行っています。この学校に出席する方法はたったひとつ、ラジオをつけること!

こもり教頭:たったこれだけです。

さかた校長:事情があって学校に通えていないというキミも、ラジオをつければこの学校の生徒だ!



さかた校長:俺たちは毎日授業を届けているんだけど、キミたちに次の扉を開けてほしいと思って授業をしているんだよね。

こもり教頭:次の扉……例えば、将来の夢を見つけたり、しんどい気持ちが少し楽になったり。

さかた校長:それを俺たちは、“未来の鍵”と呼んでいます。

こもり教頭:「L・O・C・K」、これがSCHOOL OF LOCK! の(“鍵”という意味を持つ)「LOCK」です。

さかた校長:悩みがなくなって前に進めそうだ、そうなったらいつでもこの学校を卒業していい。聴かなくても大丈夫。

こもり教頭:いつまでもみんなにここにいてほしい、と思ってやっている学校ではありません。

さかた校長:ただ、しんどくなったり何か吐き出したくなったら、いつでもここに帰ってきていい。

こもり教頭:僕たちは、毎日ここにいて授業をしているので、いつでも顔を出してください。

さかた校長:つらい気持ちを話せる相手がいないときに、僕たちでよければ直接電話をして話を聞かせてもらう。だからここは、いつでも通っていいし、いつでも卒業していい。みんなが、いつでも通える学校です。

こもり教頭:もう2005年の10月から16年間、ずっとこの学校は毎日夜10時から授業をしています。

さかた校長:ただまぁ……俺たちもそんなことを言いながら、まだ何も持っていないんだよね。

こもり教頭:うん。

さかた校長:校長とか教頭とか言ってんだけど、偉そうなことをキミたちに言うつもりは一切ない。みんなといっしょにこの学校で遊んだり、みんなの話を聞いたり、明日には忘れてしまいそうなめちゃくちゃバカなこともやりたい。すげぇいっしょに笑いたいなと思っている。この校舎でキミが未来の鍵を見つける日まで、とにかく、これからもよろしく!

こもり教頭:よろしく!

さかた校長:さあ! SCHOOL OF LOCK! 今週も開校だ!



番組へのメッセージは、学校掲示板、公式ウェブサイトからのメールで受け付けています。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年4月13日(火)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55/金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/