住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」(毎週月曜〜金曜9:00〜11:00)。2021年12月7日(火)のゲストは、今年10月に“再起動”したTM NETWORKの小室哲哉さん。ここでは、2018年1月に引退表明後の“復帰”への思いを語りました。

小室哲哉さん、住吉美紀



◆「Blue Ocean」約5年ぶりの出演!

住吉:本日お迎えするのは、今年10月1日(金)に“再起動”したTM NETWORKの小室哲哉さんです。

小室:どうも、お久しぶりです。

住吉:お久しぶりです。お元気でしたか?

小室:はい。今年2月にトークセッション(ニコ生特別番組「TETSUYA KOMURO MUSIC FESTIVAL」)でお会いして以来ですね。

住吉:「Blue Ocean」へのご登場という意味では、本当に久しぶりですね。(2016年に)この番組「Blue Ocean」のエンディングテーマ「Blue Ocean」(を小室さんに作っていただいたのですが)、番組にご登場いただくのは5年ぶりくらいかもしれないです。

小室:「Blue Ocean」は、ちゃんと長くやっていますね。

住吉:今年で丸10年なんです。だから放送の半分は、小室さんのエンディング曲とともに毎朝お届けしています。

小室:うれしいですね。

◆「鍵盤を触りたい」と思わなかった

住吉:まずは、復帰おめでとうございます!

小室:おかげさまです。本当にありがとうございます。

住吉:音楽ファン代表として、復帰してくれてありがとうございます。

小室:待っていてくれたというか、「まあ、いいんじゃないの」って言ってくれる人が、結果的にまあまあ多かったというか、良かったという感じですね。「(小室は)いらないよ」みたいな(言われ方をしないで)。

住吉:「『いらないよ』って言われるかも……」っていう不安はあったんですか?

小室:もちろんありました。「もういいよ」みたいな。

住吉:でも復帰のときに、最初に文章で発表されて。「音楽をやらせてください、働かせてください」とお書きになった文章に胸を打たれた方も多かったと思います。

小室:一発録りじゃないけど、一発書きっていうんですかね? 再考しないで、思ったままのことを書いて。書き直しもせず。

住吉:社会とつながる形として音楽をできなかった期間は、つらかったですか?

小室:最初は、ちょっと退いて休む(つもりだったんです)。体調も本当に悪かったので、1年くらいは鍵盤を触りたいとも思わなかったです。

住吉:体調が悪かったり、心もいろいろと傷ついたり。

小室:そういうのもあったりするけど、とにかく音楽は「もう十分いっぱいいっぱい」みたいな感じで。

住吉:一度は本当にそういう気持ちになっていたんですね。

小室:本当になっていたんですけどね。

<小室哲哉さんライブ情報>
2022年1月8日(土)に大阪・Billboard Live OSAKA、1月21日(金)〜23日(日)に東京・Billboard Live TOKYOで有観客ライブ「HIT FACTORY #1」を開催します。

TM NETWORKの無観客配信ライブ第3弾「How Do You Crash It?three」は、2022年2月に配信予定です。

詳しい情報は、小室さんのSNS(Twitter、Instagram)でチェックしてみてください!

<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時:毎週月〜金曜9:00〜11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/