禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」5月6日(水・振休)のお客様は、音楽プロデューサーの亀田誠治さんと、シンガーソングライターの山本彩(やまもと・さやか)さん。初対面の第一印象、曲作りについて語りました。


山本彩さん、亀田誠治さん


◆「“バチっと上がってきた”っていう気持ちを、やっぱり大事にしたい」(亀田)
亀田:アルバムでいろんな人と一緒に作るようになって、すごく広がっているんじゃない?

山本:めちゃくちゃそうですね。自分が作ると思っていなかったような曲ができたりするので、“可能性は本当に広いな”“できることはいっぱいあるな”って思います。

亀田:作っていく過程で、どれぐらい先のことを考えたりするんですか?

山本:あまり考えていないですね。ただ、作りながら手ごたえみたいなものを感じるときもあるので。そういうときは、“絶対にこの曲をどうにかして形にして、何らかの形で光を当てたいな”と、漠然と考えるときもありますね。

亀田:そうだよね。曲を作ったり、仕上げたりするというのは、そういうことになるかな。音楽プロデューサー、アレンジャーみたいな立場でこういうことを言うと、“この人何も考えてないんだね”みたいな話になるけど。

山本:そんなことないです。

亀田:まずは自分が本当に感動できるというか、絶対にそういう瞬間ってあるもんね。一緒に作っていても。

山本:ありますね。作っているとね。

亀田:“バチっと上がってきた”っていう気持ちを、やっぱり大事にしたいというのはありますよね。

山本:そうですね。

亀田:ライブでも、それを思い出すしね。その曲をやるたびに。

山本:そうなんですよね。本当に。忘れないですよね。歌うたびに思い出して、それでやっぱり喜んでもらったり、いい反応が返ってきたら、より嬉しいし。それはやっぱり、作って、歌って楽しいところですね。

◆「ふさわしい人間になれるように……」(山本)
亀田:最近ギターはどう?

山本:なんだかんだ毎日触ってはいますね。

亀田:ギターを超グレードアップしたとか、すごいギターを買っちゃったとか、そういうのは?

山本:それはないですね。数年前に番組で「ホワイトファルコン」(グレッチ社製の最上位グレードのエレキギター)を買ったんですよ。今もずっと使っているんですけど。今まで自分が買ったギターのなかで一番高かったので、まずは元が取れるまで使い込んで(笑)、自分に見合ったものを買うようにしようと。

当時は、ずっと「ホワイトファルコン」が欲しかったんですけど、自分が扱うには、まだまだ未熟だなと思ったので。素晴らしいギターをちゃんと使いこなせる自分に、ふさわしい人間になれるように頑張ろうと思ったので、まだあんまりいいギターには触れてないですね。

亀田:去年のライブを観せてもらったとき、ギターさばきがすごくて、かっこよくて。

山本:えぇー! ありがとうございます。

亀田:何だろう。かっこよくて、美しい。手の動きとか。ラジオでは、なかなか表現しづらいけど、ギターの弦を弾くときに、振りかぶってジャーンと当たるときの感じとか。あと、歌いながらギターを持っている佇まいというのが、ソロとしてキャリアを歩み始めて、積み重ねてお客さんの前で何回も何回も演奏することによって、“かっこいいなぁ”っていうふうに。これ、お世辞じゃなくて本当。

山本:ありがとうございます。嬉しいです。やっぱり、ずっとギターを担ぎながらやっていきたいなっていう思いもあるので。そういうふうに言ってもらえるのは、すごくありがたいです。それこそ、ファースト、セカンドアルバムの頃のライブDVDを見比べると全然違っていますし。それは自分でも思いますね。

亀田:すごいよね。本当に、ここ数年の山本彩の進化というか。

山本:まだまだ頑張らないとですね。亀田さんと音楽をたくさん作ってきたんですけど、そのなかでも、やっぱり自分がソロでシンガーソングライターとしてやっていくにあたって、亀田さんと一緒に作った曲「イチリンソウ」は、たぶん一生特別で、大切な曲になるだろうなぁと。これからの決意とか、そういうものをいっぱい込めた私の特別な1曲です。

◆「まだまだ始まったばかりです」(山本)
亀田:これから、少しずつでもいいので、いろんな日常が戻ってくるといいね。

山本:そうですね。

亀田:僕らはやっぱり、音楽をやって、音楽で返して、応えていくんだろうけれど。彩ちゃんは、これから先はどんな感じですか?

山本:早く落ち着いて安心して生活ができるようになったら、またライブではじけて、皆さんと楽しい時間にできたらいいなと思います。この時間があったからこそできた曲もあるので、そういう曲を今のうちにしっかりと、いいものに仕上げていって、落ち着いたときに皆さんにお届けできたらいいなと思いますね。

亀田:うんうん。今は力をためて、いつかはじけられるときが来る。僕らもそうだし、音楽を聴いてくれる人も、みんなが心から楽しんで、安心できるような日々が来るといいなと思っていて。もしかしたら、このままコツコツ積み重ねて行けば、もうすぐやってくるのかもしれないし。

山本:そうですね。

亀田:夢を持ち続けながら……まだまだ夢の途中。こんなおっさんでも夢の途中なんだから、彩ちゃんはもう全然。

山本:まだまだ始まったばかりなので、途中にも行ってないぐらいですかね。

亀田:僕も始まったばかりかなぁと思うときもあったりするし(笑)。

山本:えぇー! 亀田さんで始まったばかりだったら、私はもう(笑)。

▶▶この日の放送内容を「JFN PARK」でチェック!

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

5月25日(月):NON STYLE・井上裕介さん×上田慎一郎さん
5月26日(火):高須光聖さん×トータス松本さん
5月27日(水):カンニング竹山さん×松尾貴史さん
5月28日(木):吉田照美さん×斉藤和義さん

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
スマホアプリ「JFN PARK」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→/http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/