スチャダラパー・Boseさん



お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。8月14日(土)放送のお客様は、スチャダラパーのBoseさん。ここでは、「吉本印天然素材」メンバーとの交流を語りました。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。8月14日(土)放送ゲスト:スチャダラパーBoseさん



Boseさんは1988年に、ANIさん、SHINCOさんとヒップホップグループ「スチャダラパー」を結成。1990年にデビューします。1994年には、小沢健二さんとのコラボ曲「今夜はブギー・バック」が大ヒットしました。2020年にデビュー30周年を迎えた、日本ヒップホップ界のパイオニアです。


スチャダラパー(左からSHINCOさん、Boseさん、ANIさん)


◆スチャダラパー=レイザーラモンRG…!?

Bose:昨年デビュー30周年を超えました。ラップグループとして1990年にデビューしたんだけど、ラップって当時は世間的にはあんまりね……。


活動初期のスチャダラパー(左からSHINCOさん、Boseさん、ANIさん)



川島:スチャダラパーさんがパイオニアです。

Bose:うちらは「おもしろ」が好きで「ラップ」も好きみたいな感じで。「スチャダラパーって名前でラップをやったら面白いかな?」と思って始めたんだけど、気付けばわりと“真ん中”のポジションになっちゃった。

川島:そうですよ。

Bose:なんて言うのかな……例えば、芸人さんでも、王道で面白い漫才をする人がいるなか、飛び道具みたいな人がいるじゃない? レイザーラモンRGみたいな(笑)。

川島:そっちの方面で目立ちたいと(笑)?

Bose:というよりも、うちらはレイザーラモンRGの気分で活動していたんだけど(笑)。気付けばラップというジャンルでは真ん中みたいになってた……っていうキャリアというか。

川島:なるほど。

Bose:(1991年に吉本興業所属の若手芸人たちで結成された、ダンスとお笑いをミックスしたユニット)「吉本印天然素材」の人たちと世代が近かったこともあって、最初に大阪でライブをやったときは、ナインティナインさんとかバッファロー吾郎さんとかが(ゲストで)来てくれたんですよ。

ライブの合間に、ちょっと出てくれるようなコラボもしてくれました。お笑い芸人の方と繋がったことで、「こういうのもやれるね」って可能性が広がりました。特にバッファロー吾郎さんとは、いまだに仲良くしてもらってます(笑)。

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee /Spotify)も、ぜひチェックしてください!

本日8月21日(土)のお客様は、飯沼誠司さんです。お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年8月22日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜
放送日時:毎週土曜 17:00〜17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/