ロックバンド MUCCのヴォーカル・逹瑯がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「JACK IN THE RADIO」。4月30日(土)の放送では、4人組バンド「甘い暴力」から、咲さん(Vo)が初登場! 逹瑯が印象に残っている対バンライヴについてトークを繰り広げました。


(左から)逹瑯、咲さん



咲:今までで一番“ヤベェ!”と思った対バン相手、もしくはイベントってありますか?

逹瑯:(MUCCの)周年イベントで、毎公演いろんなバンドとツーマンライヴをするシリーズをやっていたときに、猛烈にオファーをしまくってなんとか受けてくれたBUCK-TICK大先輩とツーマンしたとき!

咲:あぁ〜!

逹瑯:ツーマンをするときの戦い方って、大体“相手の土俵に合わせて殴り合いをする”“相手がこう来るんだったら……違う戦法を考えて戦う”“一緒に楽しい1個のもの作ろうぜ”っていう3パターンだと思うんだけど。

そのときBUCK-TICKもツアー中で、そのセットの流れをそのまま(ツーマンライヴにも)持ってきたの。それが“ツーマンだけど別に相手じゃないですよ”みたいな、完全に(MUCCを)無視された感じがしたのよ。

咲:へぇー。

逹瑯:本人たちはそういう意識ではなかったんだろうけど、演出の流れからBUCK-TICKの短いワンマンをやられた感じがして。うちの主催だったからMUCCが後にやったんだけど、「うちはBUCK-TICKのワンマンをやりました。お疲れ様でした。後はどうぞ」みたいな感じで、相手にもされないっていう戦い方をされて。

咲:へ〜〜。

逹瑯:“これはシビれる! すげ〜!”と思って。しかもめちゃくちゃカッコよかった。戦うことすらさせてもらえなかったというか、“まだ全然(対バンするのが)早かったな”みたいな(笑)。

咲:そんな感じなんですね。

逹瑯:知らない戦い方を教えてもらって勉強になったなぁ。すんげぇーカッコよかった!

咲:もうBUCK-TICKだからこそ成せる……。

逹瑯:次が自分たちの出番なのにBUCK-TICKのワンマンを観に来たような気分になって、“ライヴ楽しかったー!……この後やるんだっけ!?”みたいな感じになったもんね(笑)。

咲:逹瑯さんでもそう思うことがあるんですね。

逹瑯:あれは異次元だったねぇ。

◎5月7日(土)放送の「JACK IN THE RADIO」は、NOCTURNAL BLOODLUST(ノクターナル・ブラッドラスト)からMasaさん(Ba)が登場します! どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年5月8日(日)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:JACK IN THE RADIO
放送日時:毎週土曜25:30〜26:00
パーソナリティ:逹瑯(MUCC)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jack