TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。7月21日(木)のお客様は、カンニング竹山さんとココリコ・遠藤章造さん。今年で51歳となるお2人。ここでは、20代の頃と比べて感じる“体の衰え”についてしみじみ語り合いました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)遠藤章造さん、カンニング竹山さん


◆「ガキ使では、まだ俺らが若手」(遠藤)

竹山:ちょっとしょげた話になりますけど、頭のなかでの自分の体力と本当の肉体の体力がズレてきていますよね。

遠藤:ホンマにそうやねん。しかも俺の場合、20代から基本的にほとんど変わらないメンバーで過ごしてきているから、51歳っていう感覚がなかったりするやん。だから、さっき竹ちゃんが言ったみたいに、そこを本当に理解していないと、いつかめちゃくちゃ大きいケガをする可能性もあるからホンマに気をつけなあかん。

竹山:子どもの頃に運動会で親がよくケガをしていたじゃないですか。そういうことでしょ?

遠藤:そうそう。あのときは“なんでケガをすんねやろ”って思っていたけど、(俺らも)そういう年代になってるのよね。だから、「ガキ使」(日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」)では、まだ俺らが若手のように扱われたりするやんか。でも、僕ら(ココリコ)も51歳で、ダウンタウンさんも還暦だし、(月亭)方正さんが真ん中の54歳とかなんですけど。

でも最近、俺も田中(直樹)も言うようにしてるのよ。「すみません。『ガキ使』にはもう若手はいません」って(笑)。

竹山:(笑)。

遠藤:でも、「ガキ使」はもう25年くらいお世話になっているから、25歳のときの俺らと同じような感覚でイジってもらえたりするのはすごくありがたいことやねんけど、よくよく考えたら“51歳か……”みたいな(笑)。

竹山:だって、その下のライセンスだっておじさんですよね(笑)。

遠藤:そう(笑)。ライセンスですら40歳後半やったりするから。最近それは考えるな。

竹山:それは、本当に考えるところではありますよね。

遠藤:このあいだも、「ガキ使」で“おじいちゃんおばあちゃんと対決をさせていただく企画で、ソフトボールとかをやったんですよ。その本番前に、まず入念なストレッチをやるんですけど、皆さんがストレッチをするだけで足がピキッていきそうになっていて。それを見て少し笑ってしまったんですけど、そういう俺も結局(収録中に)軽く足をケガしちゃったからね(笑)。

竹山:そうなるんですよね。自分も運動会的なことをするテレビ番組に出演することになって、ちゃんと番組側が健康管理をしてくれるので、はじめにお医者さんが来て血圧を試しに測ったら、数値が高すぎて出演中止になったんですよ(笑)。

遠藤:ハハハ(笑)。

竹山:しかも、俺を含めて(出演中止になった人が)3人いたんですよ(笑)。そういう世代なんですよね。

*   *   *

本日8月11日(木・祝)の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は、鈴木奈々さん✕たんぽぽ・川村エミコさんがご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶ココリコ遠藤「ガキ使収録後に木梨憲武さんから…」続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/