AKB48の向井地美音がパーソナリティをつとめ、公認会計士の澤昭人から身近にある経済の仕組みをわかりやすく学んでいくTOKYO FMの番組「ジュグラーの波〜澤と美音のまるっと経済学〜」。1月14日(木)、1月21日(木)放送の「美音のまるっとエコノミー supported by PE-BANK」のコーナーでは、株式会社PE-BANK所属のITエンジニア・神部直哉(かんべ・なおや)さんを迎え、現在の仕事ぶりやこの道を志したきっかけ、今後の夢などについて伺いました。


向井地美音、神部直哉さん



◆“ITエンジニア”を目指した理由は?
向井地:神部さんの現在のお仕事は?

神部:人材派遣業をされている会社の基幹システムの運用保守を担当しています。

向井地:基幹システムとは?

神部:会社の根幹となるシステムです。例えば、会計のシステムなどですね。大きい会社になると、経費や売上管理などの数が膨大で、確定申告の資料作成などが非常に難しく、漏れてしまって脱税……ということにもなりかねないので。会計のシステムは、会社にとって重要なシステムなんです。

向井地:なるほど。重大な任務を背負っているんですね。神部さんが、エンジニアを目指したきっかけの1つが、子どものころから好きだった“ゲーム”だと聞きました。どんなゲームをやっていたんですか?

神部:RPG(ロールプレイングゲーム)が好きです。「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」などですね。

向井地:ゲームからコンピュータのほうに進んだ理由は?

神部:パソコンに初めて触ったのが中学時代で、クイズゲームをつくって、みんなにやってもらうという授業でした。(タイピングをすると)黒い画面に、緑の文字で1文字ずつ出てくることが当時は画期的で、衝撃を受けました。

その後、大学の進学を考えるときに、中学生の頃にコンピュータでゲームをつくったことや、ゲームが好きだったり、理系の科目が得意だったりしたので、“システムエンジニアになりたいな”と思って、プログラミングを学べる学科に進もうと決めて進学しました。

◆あの社長は、やっぱりすごい人だったんだ!
向井地:大学から本格的に始められたんですね。神部さんはエンジニア歴およそ16年で、フリーランス歴4年。PE-BANKプロエンジニア歴は3ヵ月だそうですね。フリーになろうと思ったきっかけは?

神部:石川県金沢市にある大学に通っていたんですけど、(当時住んでいた)アパートの近くに、ご夫婦で経営されている回転寿司店があったんです。そこでアルバイトをしていたのですが、社長さんがすごくアグレッシブな方で、私がアルバイトを始めた当時は金沢市に2店舗展開していたんですけど、大学1年、2年、3年……と進むにつれて、最終的に4店舗まで増えて。

向井地:すごい!

神部:“最近どうなんだろう”と思って調べてみたら、全国に20店舗弱まで増えていました。“あれからこんなに拡大していたんだ。あの社長はやっぱりすごい人だったんだな”と思って。その社長に影響を受けて、“自分で会社を興したい!”と思うようになりました。

◆クライアントとのコミュニケーションが重要
向井地:2016年からフリーランスとしてお仕事をされていますが、エンジニアになってよかったと思うことは?

神部:昔から人見知りで、人前でなにかを発表したり、話したりするのがすごく苦手だったんです。エンジニアは、パソコンの前で1人黙々と仕事をしているようなイメージがあったのですが、実際エンジニアになってみると、コミュニケーションがすごく大事な職業だなと。

向井地:やっぱりそうなんですね。

神部:システムをつくる前に、クライアントとコミュニケーションをとって仕様などを決めてから構築し始めるんですね。コミュニケーションをとって仕様を決める部分が、仕事の8〜9割を占めています。そこで(双方に)認識の違いがあると、後々大変なことになってしまうので……(エンジニア業を通して)昔は苦手だったコミュニケーション能力が成長したかなと感じています。

向井地:なるほど。PE-BANKに所属して4ヵ月。入ってよかったと思うところは?

神部:以前は別の会社から仕事を受けていたんですけど、PE-BANKさんはお客様と契約するときの報酬のパーセンテージなど、契約の内容がすごくクリア。自分のやりたい仕事があるので、所属してよかったなと思っています。

向井地:そんな神部さんは現在、2児のパパでもあります。

神部:小学1年生の男の子と、幼稚園年少の女の子がいます。自分が小さかった頃にできなかったことを、いろいろやらせてあげたいなという思いがあります。

向井地:たくさん習い事をされているんですか?

神部:上の子はサッカーや水泳、あとは親の希望で英語を習っています。下の子は「バレエをやりたい」と言うので、バレエをやっています。

向井地:年少さんからバレエを始めていたら、すごく上手になりそうですね!

神部:バレエのポーズをするのが、ものすごくかわいくて(笑)。

向井地:素敵〜! 最後に将来の夢はありますか?

神部:子どもに教えるようなプログラミングスクールを開校したいです。子どもが生まれて、いろいろなことを教えているうちに、“教えることって楽しいな”と思うようになりました。近々、小学校でプログラミングが必修科されるようですし。フリーランスになって、お金のやりくりや営業の勉強もしていますし、お金を貯めて、プログラミングスクールを開校するための準備をしています。

向井地:お子さんにもプログラミングを教えていきたいですよね。

神部:そうですね。エンジニアは、これから益々ニーズが高くなると思うので。

向井地:お寿司屋さんの社長さんのように、全国展開を目指して頑張ってください!

<番組概要>
番組名:ジュグラーの波〜澤と美音のまるっと経済学〜
放送日時:毎週木曜 21:30〜21:55
パーソナリティ:澤昭人、向井地美音(AKB48)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/46993