ミュージシャン、デザイナー、作家、俳優、職人など、異なるフィールドを舞台に活躍する“ふたり”が語らうTOKYO FMの番組「三井ホーム presents キュレーターズ〜マイスタイル×ユアスタイル〜」。4月30日(金)放送ゲストは中林美和さん(モデル、会社経営者)×LiLyさん(作家)。中林さんは、2018年に自身のオーガニックスパブランド「MAROA(マロア)」を立ち上げ、代表兼プロデューサーとしても活動しています。その商品へのこだわりとは?


中林美和さん



中林さんは、16歳から女性ファッション誌「CanCam」の専属モデルとして活躍。その後は、ママモデルの先駆者的存在となり、多くの女性ファッション誌やビューティー誌に登場。近年はアロマテラピーアドバイザーの資格を取得し、オーガニックスパブランド「MAROA (マロア)」を立ち上げ、代表兼プロデューサーとしても活動しています。

一方、LiLyさんは女性ファッション誌「VERY」「オトナミューズ」などでエッセイや小説を連載中。結婚、恋愛、仕事など赤裸々に本音をつづる文章が女性の共感を呼び、“女性の心の代弁者”とも言われています。


(左から)中林美和さん、LiLyさん



◆中林「自分がいいと思えるものが、なにもなかった」

中林:「MAROA」を立ち上げたのは38歳のとき。40代を迎えるにあたって、ちょっと不安があったの。髪の毛がパサパサしてきて、白髪も出てきて、“なにかしなくては……”と思ったときに、体にいいものを使いたいけれど、自分がいいと思えるものがなにもなかったの。だから自分でブランドを作ろうと思って、そこから開発をして、シャンプーを作った。

LiLy:美和ちんが、これからもモデルもやっていくけれど、もう1つ軸になるキャリアをここで作らないと……みたいなターニングポイントを迎えたときのことを、すごく覚えている。「アロマを1から、ちゃんと勉強したい」と言って、資格を取ったことも覚えている。

中林:いずれは「MAROA」が独り立ちして、“私がやっている「MAROA」”ではなくて、“「MAROA」は中林さんがやっている”ってなれたらいいなと思っていて。立ち上げから2年間は、本当にがむしゃらに働いた。

LiLy:アロマの感じをシャンプーにしたのは、これまでになかった。初めてだったよね?

中林:香りにすごくこだわった。私自身、37、38歳のときにアロマにすごく助けられたの。香料を使わず、精油だけで香りをつけていて、使用感や泡立ち、オーガニックの植物性で、こんなにいいものはないと自分でも思っている。“ここには負けたな”と思う商品が出てきたら、やめる。自信を持って届けていきたい。

▶▶番組Webサイトでは、放送内容をPodcastで聴くことができます。ぜひお聴きください!

次回5月28日(金)放送のゲストは、向井太一さん(シンガーソングライター)と小泉智貴さん(ファッションブランド「tomo koizumi」デザイナー)です。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:三井ホーム presents キュレーターズ〜マイスタイル×ユアスタイル〜
放送日時:毎週金曜 17:00〜17:25
ナビゲーター:田中麗奈
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/curators/