木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。11月のゲストには、武田真治さんが登場。11月21日(日)の放送では、武田さんがサックスを始めたきっかけや、木村がジャニーズ事務所に入所したきっかけなどを語り合いました。



◆木村拓哉、ジャニーズ入りのきっかけは?
俳優としてだけではなく、バラエティ番組などでマルチに活躍している武田さん。1995年にはサックスプレイヤーとしてシングル「Blow Up」でミュージシャンデビュー。現在も精力的に音楽活動をしています。

木村から、数ある楽器のなかからサックスを選んだ理由を問われると、「チェッカーズが好きだったの。藤井フミヤさんの弟さんで、チェッカーズのサックスプレイヤーの藤井尚之さん(の影響で)」と明かす武田さん。

続けて「(藤井尚之さんは)素朴な感じの方なんだけど、サックスを吹いたときに“ガッ”となる感じが(素敵で)。姉貴が『この人が素敵だ!』って言うから、姉貴の影響でサックスばかり注目するようになって」と振り返ります。

ここで、武田さんから「俺たちの歳で“踊る”って、そんなにメジャーな趣味・特技には入ってこなかった気がするんだけど、(拓哉は)“どのタイミングでダンスに行ったの?”」と質問が。

これに木村は、「普通に(ジャニーズ事務所で)やらされていたから」と答えると、武田さんは「でも、やらされていたって言っても(自分で)チョイスしたわけじゃん?」と反応。

すると木村は「いや、チョイスはしてないよ。チョイスっていうか、(ジャニーズ事務所に)入りたくて(履歴書を)送ってないから。親戚が勝手に送ってて……」と明かすと、「そうなんだ!? 親戚に感謝だね〜。俺世代はみんな感謝するわ、その親戚に」と驚く武田さん。

木村は「『(事務所に)来てください』っていう連絡が4回くらいあって、それを「やだよ」ってぶっちぎって。でも、最終的には(履歴書を)送った親戚の人から『やりたくてもできない人たちがいるんだから、1回行ってきなさいよ!』って言われて、『えぇー』って言って行ったのが1日目。(でも、当時は)本気ではなかったから、しばらく(ジャニーズ)Jr.で。派手な習い事みたいな……」と振り返ります。

この話に武田さんは、「それで(ジャニーズの先輩方のステージなどで)本物に触れるチャンスがけっこうあったってことだよね。出会いに感謝だよね」と話すと、木村は「幸運にも。(そんな出会いに)本当に感謝してる」と、しみじみ語りました。

次回11月28日(日)の放送は、引き続き武田さんをゲストに迎えてお届けします。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年11月29日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30〜11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/