sumikaの片岡健太(Vo./Gt.)と荒井智之(Dr./Cho.)が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。19歳のリスナーから届いた「10代のうちにやっておいたほうがいいことは?」という質問にこたえました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! sumika LOCKS!」1月18日(火)放送分)



◆リスナーの質問:10代のうちにやっておいたほうがいいことは?

荒井:すげーピンポイントになるけど、友達と一緒に朝までファミレスでグダグダしゃべる、っていうのをやっといたほうがいいと思うな〜。

片岡:なるほどね。

荒井:俺、結構そういうことが10代のころにあって。その当時は、もうほんとに「暇だね〜」みたいな(笑)。「今日どうする?」みたいな。で、気がついたら朝になってて「眠いから帰るか」って言って帰る、っていうパターンだったの。

片岡:いいね!

荒井:いま思うと、あれすげー楽しかったなって。

片岡:そういうことあるよね。

荒井:10代が終わって大人になってくと、なかなかそういう暇というか、時間も少なくなってくるから。ああいうことができるのは、10代の特権だったのかもなと思って。

片岡:そうだなぁ。

荒井:そのことは、いまでもよく思い出すもんね、あのときの空気感とか、しゃべってるテンションとか。俺は一生の思い出になってると思うので……。健太は何かある?

片岡:やって良かったことで言うと、高校卒業したタイミングで車の免許を取って、それで世界が広がったんだよね。

荒井:はいはいはい……。

片岡:神奈川県で生まれ育ったので、東京に行くためには橋を渡るんですね。で、橋を渡る瞬間、神奈川から東京に入ったときに、友達と一緒に「ヤッホーー! とぉきょぉぉぉおー! ヨッ!」っていうのをやって(笑)。で、その10分後くらいにまた神奈川に戻るのね。「帰ってきたぜ神奈川!」っつって。そのまた10分後くらいに、「行くぜ東京!」って言って(笑)。

荒井:(笑)。

片岡:何度も橋を往復して、それを2時間くらいやってたの。何度も東京と神奈川を行き来して、現実と非現実を行き来してるかのようなことが、車に乗ってたら体感できてるような気がして……。

荒井:すげぇわかるわ〜……。

片岡:生産性はまったくないんだけど、あのちょっとしたトリップ感というか……「俺たちはいつでも戦いに行けるし、いつでも逃げられるぜ!」みたいな(笑)。そういう馬を手に入れたぞ! みたいな気持ちが芽生えたから……。車の免許を取るってことが、自分の可能性を広げてくれたからね。

荒井:うんうん。

片岡:車の免許だけじゃなくて、自分がやったことないことでも“10代最後だし”って思うことでやれることもあるんじゃないかなと思うから。それで広がる世界もあるのではないかな、と思いました!

荒井:めっちゃわかるわ〜。絶対やるよ!

片岡:やる! もしやったら、どんなことをやったのかまた教えてください!



現在、ライブツアー「sumika Live Tour 2022『花鳥風月』-第二幕-」を開催中のsumikaですが、この第一幕である「sumika Live Tour 2021『花鳥風月』」さいたまスーパーアリーナ公演のLIVE Blu-ray/DVDが3月2日にリリースされます。恒例のメンバー全員によるオーディオコメンタリーでは、楽屋のようなトークが楽しめるとのことです。詳細はオフィシャルサイトまで。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年1月26日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55/金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

★1/24(mon)-1/28(fri) SCHOOL OF LOCK! SPECIAL WEEK★