TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。3月11日(木)のお客様は、お笑いトリオ・パンサーの向井慧さんと歌手の関取花さん。ここでは、“天才”について、そして“弱さ”について語り合っていきました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)関取花さん、向井慧さん


◆「唯一無二の輝きを放ちたいですよね!」(関取)
関取:向井さんのことは、何年か前にパンサーさんじゃなくて、向井さん一人で出られていた番組で初めて見させていただいて。

向井:クイズ番組とかだね。

関取:そうですね。そこで、まわしをされていたり、それこそ芸人さん以外の方にも、ちゃんとおいしく振ってあげるというイメージがあって、すごい言い方が失礼になっちゃうかもしれないんですけど、“器用な方だな”って思ったんですよ。その時期は、やっぱり“がんばらなきゃ”みたいな気持ちはあったんですか?

向井:がんばらなきゃはありました。まぁでも、この“器用”という言葉もなかなか難しい言葉というか。“器用に憧れる”というよりは、本当はいびつで……。

関取:わかります。唯一無二の輝きを放ちたいですよね!

向井:そうそう(笑)。そっちに憧れたんですけど、でも“自分のできるマックスをたたき出す”って思っていたらそうなっていった、みたいなほうが言い方としては非常に近いかもしれないですね。

関取:だから私も、唯一無二な“才能あふれる感じになりたい”って思う時期がありましたもん(笑)。23、4歳で一人暮らしをはじめて、ここから頑張らなきゃっていう時期。そのときに、モッズコートを着てギターを背負って、“オーラ出ろ”って思いながら下北沢を歩いてました。

向井:そんな人からオーラって出ないですよね(笑)。皮肉なことに。

関取:そうなんですよ(笑)。それで、深夜に個人練習でスタジオに入って、その帰りに“やっぱりダメだ、曲もかけないし、私やっぱり違う”って思って。でもいびつな存在になりたい、才能が欲しいって。

向井:なんかね、憧れますよね。

関取:そう思って、モッズコート着て、ギター背負って、どこに駆け込むかといったら、ヴィレッジヴァンガードなんですよ。

向井:ハハハ(笑)! あそこはそういう人が集まるところですからね。

関取:そうなんですよね。ヴィレッジヴァンガードの狭い路地を歩いていって、最後にたどり着いたコーナーで手に取ったのが山里亮太さんの「天才になりたい」(朝日新書)という本で。

向井:あー、刺さるでしょうね。

関取:それをレジに持って行って、店員さんに「カバーはおつけしますか?」って聞かれて「カバーはつけてください」って(笑)。

向井:(笑)。

関取:“あー、あいつ天才になりたいんだ”って思われるのも、一応恥ずかしい……みたいな(笑)。

向井:でも、この業界でいろんな人と話すと、ナチュラルボーンの天才はいるとは思いますけど、でも少ないというか。悪い意味じゃなくて、みなさんやっぱりもがいて、めちゃくちゃ努力しているんだなっていうのを感じると、“みんなそうなんだな”って安心するところもあって。

関取:そうですね。

向井:自分だけが弱くて悩みながらやっているわけでは決してないっていうところがあって、そうなってくると、今度は“弱さ”を武器にしてきちゃった自分って“どうなの?”って思い始めてくるんですよ。

関取:うわぁー!

向井:みんな弱いのに、弱い部分を出さずに戦っているのに、自分は“弱さ”を武器にして、いつのまにかそれを振りかざしていないかなって。そういう目線で自分を見たときに、“なんか違うよなあ”みたいな。

関取:いやでも、(表に出していた“弱さ”を)そこから上手にというか、自然に変えていく方もいるじゃないですか。

向井:はいはいはい。

関取:それこそ私、芸人さんのエッセイってすごい面白いし、裏側も見えるから参考にして読んだりするんですけど、オードリーの若林(正恭)さんも「最初の本(「社会人大学人見知り学部 卒業見込」(角川文庫))で書いた、あのころの性格のままだと思われているけど、今はもうそんなことないんだよ」みたいなことを、その何冊かあとの本で読んで、“あ、そうなんだ”って思って。最初はテレビとかでもしばらくそういうキャラでいじられていたのかもしれないですけど、たしかに今って全然そこまでじゃないというか。

向井:むしろ人に話を聞きたいとか、人に興味があるっていう方ですからね。

関取:でも別に自分で「いや、もう違うんです」って言ってたわけでもなくて、すごく自然に……。

向井:確かに。

関取:ああいうのが、すごい……憧れますよねぇ〜(笑)。グラデーションみたく綺麗に……(変わっていく)。

向井:ハハハ(笑)、いいですよね。

*   *   *

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

3月22日(月)戸田恵子さん×山寺宏一さん
3月23日(火)フジファブリック・山内総一郎さん×秦 基博さん
3月24日(水)土屋礼央さん×ふかわりょうさん
3月25日(木)寺岡呼人さん×木崎賢治さん(音楽プロデューサー)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶向井慧&関取花、過去につけられた“キャッチコピー”に苦悩 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/