4人組バンド・レトロリロンが、11月15日(火)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。11月9日(水)にデジタルリリースされた新曲『深夜6時』について、パーソナリティのこもり校長とぺえ教頭の質問に答えました。



こもり校長:レトロリロン先生は、新曲『深夜6時』がデジタルリリースされています。おめでとうございます!

レトロリロン:ありがとうございます!

こもり校長:この……歌の中の人は、眠れずにすごく考え込んでいますね。

ぺえ教頭:そうだね。

こもり校長:“深夜6時”というのは何時なんだろう? とも思うし。ちょっと概念が変わるというか……朝方6時?

涼音(Ag. Vo.):そうですね……眠れない本人は僕なんですけど(笑)。なかなか夜眠れなくて、朝になっちゃうことが多くて。

ぺえ教頭:そうなんだ。

涼音:1日が終わらない感覚というか……世の中は朝が来て次の1日が始まっているんですけど、眠れなかった僕はそのまま前の日を続けているような感じで。

ぺえ教頭:そっかそっか……。

涼音:そういうのもあって、“朝6時”ではなくて、僕から見た6時は深夜がずっと続いているという意味で『深夜6時』というタイトルにしました。

ぺえ教頭:1日が終わってないんだもんね。

涼音:終わらないですね……はい。

こもり校長:なんかもう……タイトルだけでいい感じになってる……。

ぺえ教頭:私も。

レトロリロン:(笑)。

こもり校長:この曲は、涼音先生がシンガーソングライター時代に書いた楽曲のワンフレーズから生まれたんですよね?

涼音:そうですね。バンドをはじめてからは、レトロリロンとしての曲を書いていたんですけど。ファンとして見に来てくれていた(ベースの)飯沼が、「あの曲、バンドでやらないの?」ってずっと言ってくれていて。

飯沼一暁(Ba.):ファンなので曲の良さを知っているから、「やろうよ」ってずっと言っていたんですけど。

涼音:でもバンドとは分けて考えていたので、「あの曲だと、バンドにハマんないんじゃないかな」とか悩んでいたんですけど、あらためて4人で作り直したというか。ちゃんと今の自分の気持ちも交えて、昔の自分も重ねつつ……というところで作り直したら、みんなが「これ、いいんじゃないか」みたいに言ってくれて。レコーディングまで、トントントンと進みましたね。

――ここで『深夜6時』をオンエア



こもり校長:(楽曲を聴いて)不安な気持ちや焦っている感じって、自分のなかに答えはなくて漠然としているんだよね。でもこれを話してしまうと、すごく誰かに甘えているような……。「俺も頑張っているんだから、認めてよ」という甘さに見えちゃって、何も言えなくなっちゃうことがあるんだよ。自分も夜がつらくてしんどいのはわかっているし、そのつらさから逃れるにはやめればいいのもわかっているのに、でもやめられないんだよね。追いかけたいものもあるし、叶えたいこともあるし。

ぺえ教頭:あら……。

こもり校長:だから夜に、誰でもいいからLINEを送っちゃおうかな、とか……。でも、明日の朝に見返したら後悔するのにな、とか……。この曲の主人公とリンクしちゃって、「何これ?」ってなりました。

ぺえ教頭:(笑)。

涼音:うれしいですね。

レトロリロン:うれしい……!

ぺえ教頭:涼音先生と校長は気が合いそうだよね。

――この日の放送では……
『誰かに頼ってもいいんだよ』をテーマに、
・「2学期が始まってから登校できていないので、どうしたらもう一度学校に通えるようになるかを相談したい」という13歳のリスナー
・「オリジナル楽曲をYouTubeにあげたりして音楽活動を始めたけど、まだ家族や周りの人には打ち明けられていない」という19歳のリスナー
と、電話をつなぎました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年11月23日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55/金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/