TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。今回のお客様は、田中みな実さんと指原莉乃さん。ここでは、お2人も担当することの多い“番組MC”について、熱く語り合いました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)田中みな実さん、指原莉乃さん


◆「MCって難しいなぁ」(田中)

指原:自分のなかでの(理想の)MC像がフットボールアワーの後藤(輝基)さんなんですよ。

田中:ほぉ〜。

指原:“後藤さんみたいにやりたいのにできない”っていう壁に今ぶち当たっているんですけど。

田中:後藤さんは関西色が強いMCさんだからねぇ。

指原:そうなんですけど、自分が今まで見てきたMCが後藤さんなので、私がMCをやらせてもらうときも、ふいに“今の場面、後藤さんだったら何て言うのかな?”って考えちゃうんですよ。

田中:さっしーちゃんって、そんな(後藤さんみたいに)ツッコむ!?

指原:ハハハ(笑)。でも、そういうことを考えだしたら“MCって難しいなぁ”って思って。

田中:MCって、番組によっていろんな性質が求められると思うの。「芸人さんに(番組を)回してもらいたい」っていう番組だったり、「脱線することなく忠実に進行してもらいたい」っていう番組だったり。

指原:みな実さんは、アナウンサー時代も含めてMCさんの横で進行することが多いじゃないですか? 脱線する人と忠実に進行する人とでは、どっちがやりやすいですか?

田中:私たちのポジションは、脱線してくれないと役割があまりなくて……。

指原:なるほど。

田中:だから、たまに「俺、台本を見てないから(進行を)よろしくね」って言われると、ちょっとうれしいの(笑)。

指原:頼られている感じが(笑)。

田中:“全面的に信頼されている”って思って。逆に、爆笑問題の田中(裕二)さんは自分で進行できちゃうから“役割を与えてもらっている”っていう感覚でやっていたかな。

指原:(進行ができるMCだと)自分の役割を探していかなきゃいけないから逆に大変なんですね。

田中:だから、田中さんの場合は(進行を)振ってくれるの。「ね、みな実ちゃん?」って。

指原:それで、みな実さんが「それではまいりましょう!」って進めるんですね! はぁ〜! すごく分かります。

田中:そうなの。でもまぁ、そのなかでうまく(私の)仕事を見つけていかなきゃいけないんだろうな、ってすごく思う。

*   *   *

本日5月12日(木)のお客様は、石原正康さん(幻冬舎編集者)×増田有華さんがご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶“男性に下着を洗ってほしい?”真逆の意見で対立!? 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/