木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。7月のゲストには、SixTONESからジェシーさんと田中樹さんが登場。7月4日(日)の放送では、2人がジャニーズ事務所に入所したきっかけについて聞きました。



◆ジェシー&田中樹、ジャニーズ入りのきっかけ
ジェシーさん、京本大我さん、松村北斗さん、髙地優吾さん、森本慎太郎さん、田中樹さんの6人からなるSixTONES。

冒頭で、木村からゲスト紹介されたジェシーさんは、「やっと来れましたよっ!」と声を弾ませます。ジェシーさんが「Flow」へのゲスト出演を大喜びする一方、SixTONESから初のゲストということで人選はとても難航したと言う木村。

ジェシーさんとは、木村主演のドラマ「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」(TBS系)で共演したことがあるため、これまでがっつりと話したことのない京本さんや髙地さんらの名前も挙がっていたことを明かした木村。この話にジェシーさんは「よかった〜! ありがとうございます!!」と安堵の表情を浮かべます。

最初の話題は、田中さんとジェシーさんがジャニーズ事務所に入所したきっかけについて。

現在、26歳の田中さんが入所したのは2008年4月。13歳で中学1年生のときでした。当時、バスケットボール部に所属するかたわら、少年時代は野球、サッカー、水泳、陸上とさまざまな競技をこなし、スポーツ万能だった田中さん。そのため、「すべての曜日が習い事と部活で埋まっていたので、たぶん何かしらのプロを目指していくんだろうなって思っていた」と言います。

バスケ部のなかでも一際走るのが速かったため、陸上の大会がある時期には陸上部に派遣されるなど、部活も掛け持ちのような状態だったことを明かすと、木村は「完全にヒーローじゃん!」とビックリ。すると田中さんは「完全にヒーローでした。すべての分野で活躍していました。体育祭でもめっちゃヒーローでしたね」とあっさり認めます。

田中さんがスポーツに打ち込んでいた頃、母親がジャニーズ事務所に応募。「『オーディションがあるから行ってきなさい』って言われて。目立つのも嫌いじゃなかったですし、もちろんジャニーズのことも知っていたので、“じゃあ行ってみよっかな?”みたいな感じで。地元の友達にも『俺、ジャニーズになるかも〜』って言って、そのオーディションに行ったんです。そしたら(ジャニーズに)なっちゃっていました(笑)」と振り返ります。

そんな経緯に木村は、「スゲェ!『なるかも〜』でなっちゃって、いまSixTONESだもんね」と驚きます。田中さんいわく、“バスケ部ってかっこいいな”と思ってバスケ部に入部したのと同じように、「なんか軽いノリで、いつもの習い事の延長線上のような感じでオーディションに行った感じですね。そのときは本当にそういう感覚でした」と言います。

一方、現在25歳のジェシーさんが入所したのは、2006年9月で10歳のとき。「当時、空手を習っていたんですけど、たまたま同じ道場にジャニーズJr.の子がいて、その子に『ジャニー(喜多川)さんに会わない?』って言われて。でも僕、芸能界のことは全然わからなかったので……」とジェシーさん。

友人に誘われるがままジャニーさんに会いに行き、リハーサルで踊ったと言うジェシーさん。「その2週間後には、テレビでマイクを持って踊っていたんですよ(笑)。それで『試しにやってみれば?』ってジャニーさんに言われて、両親からも勧められたので、“試しにやってみるか!”って(ジャニーズ事務所に)入って、こういう状況になりましたね」と振り返りました。

次回7月11日(日)の放送も、引き続きジェシーさんと田中さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年7月12日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30〜11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/