声優・歌手として活躍する水樹奈々がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「水樹奈々のMの世界」。7月27日(月)の放送は、水樹が歌う「おばけずかんのうた」を手掛けたミュージシャンの大石昌良さんが登場! “おばけと子どもを踊らせたい”という楽曲制作の裏側に迫りました。


声優・歌手として活躍する水樹奈々



今回は、ミュージシャンの大石昌良さんゲストに迎えてお届けしました。番組初登場ということで、まずは、「7の質問」のコーナーからスタート!

【大石昌良さんへ7の質問】

①職業・肩書は?
大石「音楽家です」

②年齢は?
大石「40歳です」

③出身は?
大石「愛媛県です」

④得意な楽器は?
大石「アコースティックギター」

⑤漢字で大石昌良、カタカナでオーイシマサヨシ、今日はどっち?
大石「漢字の大石昌良できています」

⑥何と呼べばいいですか?
大石「大石くん」

⑦水樹奈々と初めて会ったときの印象は?
大石「奈々さま〜」

水樹「(笑)。ありがとうございました。では、早速、振り返ってみたいと思いますが、まず肩書が……」

大石「いろいろあり過ぎて(笑)。アニソンシンガー、シンガーソングライター、アコースティックギタリストでもありますし。ただ、区役所とかで記入をするときは、だいたい『音楽家』って書いています」

水樹「私もあります(笑)」

大石「同い年で生まれた月もかなり近いんじゃないですかね。僕は1月5日生まれなので」

水樹「めっちゃ近いですね! さらに、出身も愛媛県ということで、今日は愛媛のおやつも用意しましたよ」

大石「早速いただいています、畑田(本舗)のゼリーを(笑)」

水樹「ところで、(名前の表記が)漢字とカタカナ、2パターンあるのはどうしてですか?」

大石「カタカナのオーイシマサヨシでデビューしたのが、35歳で遅咲きだったんですよね。でも、20歳の頃には漢字の大石昌良ではデビューをしていまして、芸歴的には20年くらいあるんですけど、アニソンシンガーになるときに漢字で出ていく勇気がなかったんです」

水樹「そんな理由が……」

大石「ミュージシャン志向の強いバンドマンだったので、“自分の生演奏以外では歌いたくない”という変なポリシーがあって。でも、アニソンシンガーとしては、例えば、いろんな場所に出向いたときにカラオケで歌うこともあるわけじゃないですか。それが、漢字の大石昌良ではできないなと思って。それで、カタカナの名前にしたら開き直り過ぎまして(笑)。カラオケでも歌うわ、急に踊り始めるわ、いろんなことをやり始めたという……」

水樹「いいことじゃないですか! 可能性も広がって」

大石「バンド時代のファンからは『開き直り過ぎ!』って言われていますけどね(笑)」

【「おばけずかんのうた」制作秘話】

水樹「今回、絶対に大石さんが良いので“オファーしてみよう”という話になって」

大石「本当に嬉しかったです。すぐに『やります!』って、ふたつ返事で」

水樹「あらためて『おばけずかん』は、講談社から発売されている大人気のシリーズなんですよね。斉藤洋さん作、絵は宮本えつよしさん。ユニークなおばけがたくさん登場し、シリーズ累計70万部という」

大石「すごい人気作品ですよね!」

水樹「実際、曲作りはどのくらいの期間で?」

大石「結構早く作れたんですよ。もちろん原作も読ませていただいて、台本やキャラクターも見させてもらったんですけど、曲を書き始めてからは1週間もかからなかったんじゃないかな?」

水樹「早い! 歌詞も曲も?」

大石「同時に出てきた感じで」

水樹「いつもは曲が先ですか? 詞が先ですか?」

大石「曲が先ですね。でも、瞬発力を発揮したときは曲と歌詞が一緒に出てくるんです」

水樹「すごい! その脳みそを分けて欲しいです(笑)。私は、曲と詞が完全に別なんです」

大石「それも才能ですよ。でも、僕もそういう脳みそになるときもあります。作品によっては、そういう作り方が正義になるときもありますし。ただ、今回に関しては“分かりやすくキャッチー”っていうのが念頭にあったので、やっぱり、メロディとコトバが一緒に出てきたほうが“子どもたちに伝わるんじゃないかな”と思って、そうしたスピード感を大事にしたところはありますね」

水樹「アレンジも曲のなかで表情がコロコロ変わるので、楽しくて踊りたくなる曲だな〜って思いました」

大石「嬉しいです! オファーをいただいたときに“おばけたちを踊らせたい”“子どもたちと一緒に踊りたい”っていうオファーだったので、アップテンポになり過ぎない感じで、ミドルテンポで踊れる曲っていうイメージで作り始めました」

水樹「まさに、それが形になった1曲だと思います」

◎8月3日(月)の「水樹奈々のMの世界」も、引き続き大石さんを迎えてお届けします。同郷&同年代トークがさらに盛り上がっていきますので、お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年8月4日(火)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:水樹奈々のMの世界
放送日時:毎週月曜 21:00〜21:30/ FM愛媛土曜日深夜2:00〜2:30
パーソナリティ:水樹奈々
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/7
番組公式Twitter:@m20081001