ロックバンド MUCCのヴォーカル・逹瑯がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「JACK IN THE RADIO」。3月20日(土・祝)の放送では、3人組バンド・首振りDollsからnaoさん(Vo&Dr)が登場! 最近始めたという「歌ってみた」動画についてお話しいただきました。


(左から)naoさん、逹瑯



逹瑯:まずは、最近ハマっていることがあったら教えてください。

nao:ハマってることというか、私はずっと「歌ってみた」をやってみたかったんですよ。YouTubeとかにあがってるじゃないですか。

逹瑯:「歌ってみた」かった(笑)?

nao:ずっと「歌ってみた」かったんですよ(笑)。10年ぐらい前からVOCALOIDの曲とかを歌ってみたかったんですよ。今ちょっとこういう時期ですから、チャレンジしてみようかなと思いまして。Adoさんの「うっせぇわ」がすごい流行ってるじゃないですか、あれを歌わせていただきました。

逹瑯:おー。どうでしたか?

nao:曲が難しい。Adoさんって曲のなかで声を使い分けるんですよ。それがコロコロ変わるので。近い感じに表現しようと思ったけどかなり難しかったですね。

逹瑯:ボカロPの人でしょ? 「うっせぇわ」の曲を作ったのって。

nao:そう。

逹瑯:それで、この曲もそうだしYOASOBIの曲とかも、聴いてると数年前とかにすごい流行ったボカロとか(で感じた)、“これ、人間が歌うにはメロディが細かすぎるだろ”っていうような展開の歌詞を、ちゃんと人間が歌ってオリジナルの曲になってる……っていう流れに今なっていって、サブカル的だったところがメインストリームに上がってきてるよね。それをちゃんと上手に歌い上げてる。YOASOBIの子(ikura)もめちゃくちゃ歌がうまいもんね。

nao:うまいんですよね〜。っていうか、私みたいなタイプには“よくサビであんなにメロディを動かそうと思ったな”って思うんですよ。

逹瑯:俺も思うよ。“一文字ずつメロディ違くない!?”みたいな。

nao:そうそう、Pro Tools(音楽編集ソフト)で見たらエグいことになってそうな(笑)。

逹瑯:鍵盤で弾くならわかるけど、“人間が歌うメロディじゃねぇじゃん”みたいなね(笑)。

nao:そうなの〜。いわゆるわかりやすいサビではなくなってるんじゃないか、っていう気はしますね。

逹瑯:メロディの高低差とかさ。

nao:そうなんですよ、オクターブの……。

逹瑯:“何これ!?”みたいなね(笑)。

nao:ハハハハ(笑)。今はヴォーカリストのスキルが求められてますよ。

◎3月27日(土)放送の「JACK IN THE RADIO」は、OLDCODEXからペインターのYORKE.さんが登場します。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年3月28日(日)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:JACK IN THE RADIO
放送日時:毎週土曜25:30〜26:00
パーソナリティ:逹瑯(MUCC)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jack