お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

4月9日(土)放送のお客様は、料理研究家・土井善晴さん。ここでは、“味噌汁を作るうえで大切なこと”について語りました。


土井善晴さん



1957年、大阪府出身。お父様は料理研究家の土井勝さん。大学卒業後、スイスとフランスでフランス料理を、大阪の名店「味吉兆」で日本料理を修行。「土井勝料理学校」の講師を経て、1992年に「おいしいもの研究所」を設立。2016年に出版したエッセイ集「一汁一菜でよいという提案」(グラフィック社)は20万部を超える大ベストセラーを記録。

また、料理番組「おかずのクッキング」(テレビ朝日系)、「きょうの料理」(NHK Eテレ)など多数のテレビ番組にも出演。お父様の勝さんと親子2代で司会を務めた「おかずのクッキング」は、今年3月に惜しまれつつ48年の歴史に幕を閉じました。その他、食育の講演会、大学講師、レストランプロデュースなど多岐にわたり活躍する大人気料理研究家です。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」4月9日(土)ゲスト:土井善晴さん



◆味噌汁を作るときは「余計なことをしない」

川島:妻からの質問を受け取ってきたので、聞いてもいいですか?

土井:よろしいですよ。

川島:今、4歳の娘と1歳の息子がいるんですね。先生の教えですと「子どもに毎日、張り切ってパーティのような料理を用意するよりは、ご飯とお味噌汁を作ってあげることが幸せなんだ」とのことですが、子どもがあまり味噌汁を食さないんですよ。どないしましょう?

土井:まずね、子ども以外のところに問題があると思います。味噌とか出汁とか。子どもは純粋なものが好きなんです。富士山を見たら「きれいやなあ」って感じるように、(料理って)景色みたいなもんですよ。自然の景色を嫌いとか飽きるとかってことは、だいだいないんですよ。

川島:なるほど!

土井:こだわりのお味噌とか、新しいお味噌とかそんなんじゃなくって、昔ながらのええお味噌を使ったら、まず大丈夫です。

川島:そうなんですか!?

土井:昔ながらのええお味噌というのは、よく醸された味噌です。それをね、お湯で溶いだだけで味噌汁ですわ。これでええんですよ。そんなかに具を入れておいて、子どもやったらお芋を入れたり、とろろをすって入れたり。何を入れてもいいですよ。それでね、「余計なことをしない」こと。

川島:子どもに合わせた味にするとかですか?

土井:「おいしいものを作ろう」と思わんことですわ。

川島:調味料を加えるとか?

土井:うん。出汁を入れたらええとかね。出汁をちゃんとやったら、それはそれでおいしくなりますけども、合理的に顆粒状の出汁を入れるってなると、味噌と出汁が“ケンカ”するんですよ。

川島:へええ!

土井:そうすると“重い”。重いって、ややこしい味なんですよ。

川島:(ややこしい味って)うるさいってことですか?

土井:そうです。日本料理は“軽み”。「飲んでおいしい」っていうよりかは、「体が気持ちええなあ」と感じることが大切。味噌、つまり“自然”を信じることです。それで絶対に大丈夫ですから。

川島:特別なことをして足し算しなくてもいいってことですね。シンプルに。

土井:そうです。

川島:たしかに、景色と一緒だ。いい言葉でございます。

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee/Spotify)も配信中です。

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜
放送日時:毎週土曜 17:00〜17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/