木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。5月のゲストには、映画コメンテーターのLiLiCoさんが登場。5月9日(日)の放送では、LiLiCoさんの夢と、日本に来た当時の思い出を語りました。


◆LiLiCo の次なる“夢”は?

40歳の頃から「50歳になったらミュージカルをやりたい!」と口にしてきた10年越しの夢を、今年3月上演のミュージカル「ウェイトレス」で叶えたLiLiCoさん。

木村は「(初挑戦の)ミュージカルも成功させ、今、僕の目の前にいるLiLiCoが、“次にこれをやってみたいな”っていうのはなんですか?」と質問すると、LiLiCoさんは「デュエットしたい!」と回答。「歌手になるために日本に来たので。(これまで)いっぱいCDを出しているんですけど、歌手活動で成功していないので歌をやりたいんですよ」と思いを語ります。

木村が「それは“シンガー・LiLiCo”単独ではなく、なんでデュエットなの?」と尋ねると、LiLiCoさんは「ハッピーな歌で、40〜50歳ぐらいのみんながカラオケで盛り上がれる“のんべえソング”みたいなのをやりたいなと思っていて」と笑います。さらに「今、(私の出身国)スウェーデンの歌謡曲ってすごく良くて、特に80年代。それを私が日本語にしてやりたいなと思っていて」と続けると、木村は「スウェーデン語のバージョンと日本語バージョン、両方作ればいいじゃん!」と提案。

これにLiLiCoさんは、大きくうなずいて「来ます……?」と木村に声をかけると、木村は「っていうかパートナー(夫で純烈メンバーの小田井涼平さん)が歌えるじゃないですか!」と返します。しかし、LiLiCoさんは「いやいや、あの人はイヤだ(笑)! 別の人がいい!」とまさかの否定。木村が「なんで(笑)!?」と反応すると、「ロックな声を持っている人がいいな〜」と目を輝かせるLiLiCoさん。

そんな熱視線を感じたのか、木村は「アクリル越しにね、すごく見られているんですけど……俺」と笑い、「じゃあ、LiLiCoが思うロックな声の持ち主は?」と尋ねると、「木村さんには、きっと断られると思うから……松崎しげるさん!」と大御所の名が飛び出します。

◆LiLiCo の憧れの存在だった、日本のアイドル
続いては、LiLiCoさんが日本に来たばかりの頃の話へ。当時、日本語がまったくわからなかったLiLiCoさんは、「葛飾にいるおばあちゃんが、いつもアイドル雑誌を送ってくれて。それを見て、ピンクのフリフリの衣装がすごくかわいくて、“こういうふうになりたい”って思っていた」と、アイドルに興味を抱いたきっかけを語ります。

LiLiCoいわく、当時のスウェーデンのアイドルは日本とは違って、もっとロックな雰囲気だったそうで、日本のアイドルを見て「“すごいな、この国!”と思って、必死で日本語を勉強しました。河合奈保子さんや早見優さんのレコードが家にあったんですけど、(日本語がわからなかったので)なにを歌っているのかまったくわからなくて。どちらかと言うと(アイドルの)ビジュアルに惚れましたね」と振り返ります。

これに木村は、「(光GENJIの)ローラースケートはビックリした?」と聞くと、「ビックリしました!」と即答。それを聞いた木村は「その後ろで俺、スケボーで走っていたからね(笑)」と明かすと、LiLiCoさんは「すご〜い(笑)!」と大興奮。「日本独特のカルチャーかもね」と話す木村に、「そこに惚れましたね。洋服がすごく刺激的で、“こういうのを着て踊りたいな”と思っていましたね」と感慨深げに話していました。

次回5月16日(日)の放送も、引き続きLiLiCoさんをゲストに迎え 、お届けします。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年5月17日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30〜11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/