スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents江原啓之 おと語り」。今回は、再びお金を貸してしまったことを気に病む私は心が狭いのか……と悩む相談者からのメッセージを紹介。江原が“ことば”を届けました。

江原啓之



◆もう貸さないと決めたのに…
「先日、友達に小我の心でお金を570円ほど貸してしまいました。その友達には以前に貸したことがあったけれど、なかなか返ってこなかったり、返されるときに少し機嫌悪そうに返されたりしたこともあり“もう他人には貸さない!”と決めたのですが……。ついつい可哀想だとか“貸さないと冷たい友達かな”という、小我の心で貸してしまいました。“明日返すから!”と言われたけれど、思った通り、すぐには返って来ず“あぁ、やっぱりか”と思っていました。ですが日が経つにつれ、貸した悔しさや、帰ってこない悲しさや“なんで貸したんだ”という自分を責める気持ちでいっぱいになり“もう絶対に貸さない!”と決心し“貸して”と言われたときに“貸さない”と言えるように練習してから寝ました。すると次の日、お金を貸した友達から『夢の中で(相談者が)「明日返すって言ったのに返ってこなかったじゃん!」と言って、泣きながら逃げて行く夢を見たの』と言われ、お金を崩してすぐ返してくれました。その前の日は忘れているような感じがし、お金を持っているのに、崩して返すことなどなかったのにも関わらずです。これは私の生き霊でしょうか? それともエンジェルさんでしょうか? もし生き霊だとして、私の生き霊は戻ってくるのでしょうか? 570円ごときで生き霊を出してしまう私は、とても心が狭いのでしょうか(笑)?」

◆江原からの“ことば”
「可愛い! 戻ってきて良かったですね。生霊といえば生霊(笑)。“念”ですね。そういうのがピューッと飛んで行ったから、すごく仲の良いお友達なのでしょう。そして波長が合うから、向こうもパッとキャッチする。勘が良い。それが返ってきただけ。それだけのこと。心配しなくていいです。逆に悪い念というのも通じるので、あまり悪い念は出さないように、良い念を出すように、みなさん心がけましょう!」

◆江原啓之 今夜の格言
「エンジェルに気がつくか否かは、あなたの経験値によります」
「地道に努力しているものに、エンジェルさんは微笑みます」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00〜22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30〜12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/