TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。今回のお客様は、サンプラザ中野くんとふかわりょうさん。ここでは、爆風スランプの名曲「大きな玉ねぎの下で」が誕生した経緯を中野くんが振り返ります。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)サンプラザ中野くん、ふかわりょうさん


◆「ただの言い訳の歌だから」(中野)
ふかわ:(爆風スランプは)やっぱり、“武道館”っていうイメージが強いんですよ。

中野:「大きな玉ねぎの下で」ですね。あれもね……。

ふかわ:え! “実は武道館じゃない”みたいなのやめてくださいよ(笑)。

中野:違う違う(笑)。あの歌って、きれいな恋愛バラードの曲になっているじゃないですか。でも最初は“お笑い”の歌だったんですよ。

ふかわ:えぇ!?

中野:僕らは1984年にデビューして、84年の暮れに日本武道館の横にある九段会館というところでコンサートをやらせてもらったんですよ。そのときに“いつか武道館でやりたいな、でもできるわけないよな”って思っていたら、そのコンサートの打ち上げで、レコード会社の偉い人から「実は、きみたちのために来年の12月に武道館を押さえました」って言われて。

ふかわ:えぇ!?

中野:「満員にしろよ! 満員にしなかったら分かってんだろうな!」って(笑)。「えー!? うれしいけど、満員にできるわけがないじゃないですか。でも頑張ります!」って言って。それで、1年かけてプロモーションが始まったんですよ。そのなかで“どうやったら(武道館が)満員になるんだろう”って、日々考えていたんですけど、あるときに考えすぎて逆転したんですよ。“満員になるわけがない”って。

ふかわ:ほう。

中野:“満員にならない”っていうことは、席が空いているわけじゃないですか。そうすると、僕らのことが大好きで観にきてくれたファンが、空いている席を見ると“一生懸命応援していたけど、満員じゃないんだ”って落ち込むじゃないですか。そんな気持ちにさせるのは避けたいなと。

ならば……空いてる席にストーリーを付けようと。それで、“ペンフレンドの相手にチケットを買って送ったけど、来てくれないんだよ”っていう歌を作ればいいじゃん、って思ったんですよ。

ふかわ:うわぁ、そういうことかぁ……。今、泣きそうだわ。

中野:(笑)。でも(歌詞を作った)最初は全部“お笑いのストーリーになるな”って思ったんですよ。ただの言い訳の歌だから。なので、“ペンフレンドの”って歌い出しで始めれば、絶対に笑いが取れると思ったんですよ。だって、1985年の夏に作ったんですけど、すでにペンフレンドっていう言葉自体がお笑いワードだったから。

ふかわ:ペンパルっていう言葉もありましたよね。

中野:そうそう。だからもうペンフレンドの時代じゃないですよね、っていうところまできていたんですよ。だから「“ペンフレンドの”から入れば、きっとみんな笑ってくれるぞ」って思って。それで、どんどん(歌詞を)考えて書いていったら、良い歌になってきちゃったんですよ(笑)。

ふかわ:(笑)。

中野:途中でディレクターにも見せたら、「これ、良い歌になってない!? もっと頑張ればすごく良い歌になるんじゃない?」って言われて。俺も「そうですかね?」ってだんだん本気で取り組みだして。すごい勢いで書き出したら、自分でも涙を浮かべながら書いちゃうぐらい(感動する歌詞)になって、それで最終的に書き上げて歌ったら、みんなが「……良いねぇ」ってなったから(笑)、“これで行こう”って。

ふかわ:へぇー! すごいですね。最初は、目的が違ったわけですもんね?

中野:最初は違ったんですよ。“笑ってもらえればいいや”って思って、空席のことを書いたんですけど。

ふかわ:「武道館を満員にしろよ!」って言ったプロデューサーのあたりから話が神がかっていますよね! 何かに牽引されるような。

中野:そうでもしなきゃ、自分も追い込まれなかったし。追い込まれなきゃ、気持ちも反転しなかったし、アイデアも出てこなかったかもしれない。

ふかわ:でもそこで“空席を笑いにしよう”っていうのは、多分中野さんの人柄ですよね?

中野:まぁ、そうですね。

ふかわ:多分そこでプライドとかがあったら、“笑い”という方向に行かないと思うんですよ。そういういろんな奇跡の組み合わせですよね。

中野:そうですね、逃げの一手のつもりだったんですけど(笑)。でも本当に、力を込めてというか、エネルギーを費やして書き上げましたね。だから、自分でも書いている時点でゾーンに入っていたので、(歌詞が)できあがったときには、仕上がりが良すぎて“誰が書いたの?”っていうような状態(笑)。自分の実力をはるかに超えた作品ができたなって思います。

ふかわ:すごい話を聞いちゃったな。

----------------------------------------------------
▶▶サンプラザ中野くん、名曲「Runner」誕生秘話を語る
続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/