市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning〜season your life with music〜」。4月14日(木)の放送は、木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が登場。最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、「芸能人のマッチングアプリ事情」について取り上げました。


木曜レギュラーパートナーの若新雄純


◆スペックでふるいにかけられる現実社会…
タレントの新山千春さんが、20代の一般男性とマッチングアプリで出会い、現在、真剣交際していることが報じられました。インターネット上では、祝福の声とともに驚きの声が上がるなど、話題になっています。



芸能人がマッチングアプリで一般人と出会ったことに大きなスポットが当たっていますが、マッチングアプリで出会う前に、まず指標となるのが相手のスペック。年齢、年収、身長などのスペックでふるいにかけられ、その段階をクリアしても、コミュニケーション力や価値観、共通の趣味などの相性の良さが求められます。

若新は「(相手が求めるスペックに)満たない人は最初のマッチングすらされない」と指摘した上で、「今、面白いことが起きているなと感じる」と話します。

マッチングアプリでは、まずスペックである程度ふるいにかけられてから、コミュ力や人柄など相性を探っていくのに対し、リアルの出会いでは、身長など外見はパッと見でわかるものの、「まずはコミュ力や愛嬌、“気が合うな”という感覚的なところを手がかりに、その後、仲良くなっていって年収などの社会的な条件を知るわけで、従来とは逆になっている」と説明。

また、飲食店選びも同様と話す若新。インターネットが普及してからは、お店の口コミ情報などの点数で評価され、誰でも閲覧できることから、若新自身もお店選びの参考にするようになったと言います。「(グルメサイトの口コミを参考にする前は)『お店の雰囲気が素敵そう』などの理由で選び、実際にお店に入って飲食して自分なりに点数化してきた。昔から僕たちは、魅力や自分の人生に取り入れるものを数値化してきたと思うけど、(その指標となる順序は)まず曖昧なものから入っていた。(入口が)曖昧だったからこそ、当然間違う可能性もあったけど、だから選ぶセンスが問われた」と言います。

続けて「お店選びで失敗しないように、多くの人が数値化されたものを見て判断するようになった。数字をすべて信頼しているわけではないけど、これだけ数値が高いんだから、そんなに酷いことはないだろうと」と若新。

こうしたマッチングアプリや飲食店選びのような逆転の現象は、“就職活動”では古くから見られるようになったとも。「(就活も)コミュ力や人間的な深さみたいなものは最初に判断されず、最初は学歴など数字化しやすいものでまず判断された上で、初めて面接官と会うことができる」と言い、就活もマッチングアプリや飲食店選びと同じように「まずは数値化できる部分から判断されるということ。(最初のふるいにかけられる段階で)数字には表れない魅力を知ってもらう機会はない」と強調します。

あらためて、若新は「(マッチングアプリのように)数値化されるものは、最初に絞られる選抜の戦いの段階で、どんどん競争に追いやられていって、実は、“あなた”を指名してもらえる機会は減る」と主張し、「マッチングアプリで誰とでも出会えるというのは嘘で、より数字や条件で選ばれる厳しい世界になってきている。そういうものに頼らず、『なんとなくあなたがよかった』『なんとなくあなたのことをいいと思った』と言ってもらえる機会や出会いを増やしていかないと、人生における運が遠のくんじゃないかと思う」と語りました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/audee/
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning〜season your life with music〜
放送日時:毎週月曜〜木曜 13:30〜15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、角田陽一郎(月曜)、乙武洋匡(火曜)、副島淳(水曜)、若新雄純(木曜)
番組Webサイト:https://audee.jp/program/show/38286