日髙のり子さん、川島明


お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

4月16日(土)放送のお客様は、声優・日髙のり子さん。「タッチ」浅倉南、「となりのトトロ」草壁サツキ、「らんま1/2」天道あかね、「名探偵コナン」世良真純……など、数々の人気キャラクターを演じてきた日髙さんが、“演じるのが大変だった”キャラクターについて語りました。


日髙のり子さん


子役、アイドルとして活動したあと、1984年に「超時空騎団サザンクロス」(ムジカ・ノヴァ役)で声優デビューを果たした日髙さん。1985年にはアニメ「タッチ」のヒロイン・浅倉南役に抜擢。以降、「となりのトトロ」(草壁サツキ役)、「らんま1/2」(天道あかね役)、「犬夜叉」(桔梗役)、「名探偵コナン」(世良真純役)、「るろうに剣心」(瀬田宗次郎役)など、数々の人気作のキャラクターを務めます。現在は「あさイチ」(NHK総合)、「ミライ☆モンスター」(フジテレビ系)などのテレビ番組やCMのナレーションも担当し、ラジオパーソナリティとしても活動しています。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」4月16日(土)放送ゲスト:日髙のり子さん


◆演じるのが大変だったキャラクターは?

川島:大変だったキャラクターを挙げるとするならば?

日髙:喉の部分、私の声には合わなかったのかなって思うぐらい大変だったのは、「炎の闘球児 ドッジ弾平」の一撃弾平です。

川島:主役ね! コロコロコミック(小学館)で連載していた作品。

日髙:そうそう。ドッジボールの作品なんですけど、「どりゃあ!」って投げて「うおお!」ってボールを受けるんですよ。野沢雅子さんは相棒役(小仏珍念役)で出ていたんですけども、私のほうが声を張らないといけない役だったんです。喉をつぶして大変でした。

川島:弾平自身、あまり落ち着いてしゃべるキャラクターではないですしね。とにかく熱くなっちゃう。

日髙:エネルギー全開にしてやったんですけど、喉が悲鳴を上げて大変でしたね。演技的に大変だったなって思うのは、「ワンピース」のベルメールさん。麦わらのルフィの仲間であるナミの育ての親なんですけども、そのエピソードはすごく人気があって。

川島:回想シーンでも出てきますしね。

日髙:そうなんです。なので何年かに一度、同じシーンを演じないといけないんです。

川島:最初に録ったものを使い回すわけではないんですね?

日髙:はい。監督さんが変わっているのでカット割りが変わっていたり、セリフの尺が変わっていたりするので、使い回すことができないんですよ。

川島:ええ〜!

日髙:私のキャラクターは死んでいるので、5年に1回ぐらい呼ばれて「あのシーンを……」って言われるのが、すごく大変(笑)。

川島:今までの仕事だとありえないですよね?

日髙:そうですね。最初にベルメールさんを演じたときは、子どもが幼稚園に入るか入らないかぐらいのときで、「日髙さんもお母さんになったことなので」と監督さんが振ってくれたんです。声優としてのキャリアはありましたが、ワンピースでは初々しい感じで演じた役でした。そんな役を5年に1回、手慣れた方たちと一緒に私がまた演じるんです(笑)。

川島:試験みたいな感じですね。

日髙:「3回目のほうが良かったらどうしよう……」とか思いながら演じるんですよ。

川島:ボジョレー・ヌーヴォーみたいですね。「今年の日髙さんの出来はどうだろう?」って(笑)。

日髙:そうそう(笑)! アニメのキャラクターは歳を取らないので変われない。絵だけはまったく同じままなのに、声だけが5年ぶりのベルメールさんってわけにはいかないんですよ。大変でしたね。

川島:過去の自分がライバルになるってことですね。

日髙:そうですねえ。

川島:声として演じるのが大変だった役は?

日髙:先ほど挙げた一撃弾平は大変でしたが、シリーズとしては完結しているので再び演じることはないんですね。

「エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督の初(監督)作品で、「トップをねらえ!」というオリジナルビデオアニメがありまして、私が演じた役は女の子(タカヤ・ノリコ)が宇宙パイロットとなってロボットを操縦して、宇宙怪獣と戦うんです。当時、庵野監督は「とにかく魂の叫びを聞かせてくれ」って感じで、ご自身がお手本を見せてくれたんですね。

川島:監督自ら?

日髙:はい。叫んだ後にクラッとなって、ソファに倒れこんでいたところを見ていました。「こんな感じでやってください」って言われたので、私もムキになっちゃって「(監督を)絶対に超えてやる!」って思いました。

川島:そうですよね。こちらが本業なわけですから。

日髙:「喉が潰れてもいい。この作品で終わってもいい」って感じで演じました。それを観て育った方たちが、後にアニメ監督になられて私と共演するときは、絶対に叫ぶシーンを入れてくるんですよ。

川島:「タカヤ・ノリコをもう一度」ってことですか(笑)?

日髙:そうです。「学生時代に観て痺れたあの叫びを、今度は自分のカット割りで聴きたい」という思いがあるんでしょうね。一応、(監督に)「この叫びはどんな感じですかね?」って聞くと「命を削って叫んでください」って言うんですよね(笑)。

そこで叫んじゃうと、そのアニメを観て育った子どもたちが大きくなって、また私に「叫んでください」ってお願いをすると。今のところ、その流れがずーっと来ているんですね。「私はいつまで叫び続けるんだろう……」って思っています(笑)。

川島:大変やなあ(笑)。

日髙:でも、中高生の頃に好きでいてくれた人が期待をしてお願いをしてくるわけですから、やっぱりがっかりさせたくないんですよ。

川島:自分としてもクオリティを下げたくないですよね。

日髙:下げたくないです。


「天職は、声優。」(主婦の友社)


今年1月に出版された日髙さんのデビュー40周年記念書籍「天職は、声優。」出演作秘話などが満載のオール書き下ろしです。ぜひチェックしてください。

次回4月23日(土)のお客様は、櫻坂46・田村保乃さんです。お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」で聴く
聴取期限 2022年4月24日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜
放送日時:毎週土曜 17:00〜17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/