藤木直人、高見侑里がパーソナリティをつとめ、アスリートやスポーツに情熱を注ぐ人たちの挑戦、勝利にかける熱いビートに肉迫するTOKYO FMの番組「SPORTS BEAT supported by TOYOTA」。9月24日(土)の放送では、東京オリンピックで銅メダルに輝いた、アーチェリーの武藤弘樹(むとう・ひろき)選手をゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)藤木直人、武藤弘樹選手(PC画面)、高見侑里



武藤選手は、愛知県出身、トヨタ自動車所属の25歳。中学1年生のときにアーチェリーと出会い、翌年中学2年生で全国大会出場。そして、高校1年生で世界ユース選手権に出場し、初の世界大会を経験。その後、2018年ワールドカップ第1戦、第2戦で、男子団体で銀メダルを獲得。5年連続でナショナルチーム入りを果たし、昨年の東京オリンピックでは、男子団体で銅メダルを獲得しました。

◆勝つためのポイントをつかみたい

藤木:武藤選手は、10月21日(金)から夢の島公園で開催される全日本ターゲットアーチェリー選手権大会に出場されるそうですが、これはどのような大会ですか?

武藤:いわゆる「全日本選手権」にあたる大会です。オリンピックなどで観ていただいた、屋外で70m先の的を射つ「ターゲット」(アウトドアターゲットラウンド)と呼ばれる競技で、日本で最高峰の試合になります。

藤木:こちらは、パリオリンピックの選考にも関わってきますか?

武藤:まだ正式発表はないんですが、おそらくは(選考の)最初の入り口になるんじゃないかと言われています。

藤木:現在の調子はいかがですか?

武藤:東京オリンピックが終わって、今年も何度か海外の試合に行ったんですけど、次のパリオリンピックで勝つためには“このままではダメだな”と思う部分があって。なので、今年の夏ぐらいから課題修正に取り組んで、だんだん仕上がってきた段階なのでボチボチかなと思います。

藤木:全日本ターゲットアーチェリー選手権大会における目標と意気込みをお聞かせください。

武藤:全日本ターゲットアーチェリー選手権大会で、まだ優勝したことがないので、まずは優勝したいと思っています。自分自身、トーナメントを勝ち進むのがそんなに得意ではない部分があって、それを克服しないと結局パリオリンピックでは勝てないと思っているので、“何が何でも勝つ”というよりも“勝つべくして勝ちたい”。

そして、大会までに“こういうことをやってきたから勝った”とか“そういう考え方をしたから勝った”というような、勝つためのポイントをつかみたいなと思っています。

◆“アウェー”パリオリンピックに向けて

藤木:パリオリンピックに向けて、何か取り組まれていることはありますか?

武藤:今はいろいろなところに行くようにしています。普段は東京に住んでいるので、試合に出る際も、東京、神奈川、地元の愛知の大体3箇所ぐらいしか行き来をしていなかったんです。

でも、海外の試合では、いきなり知らない射場に行って、知らない風を読んで、いきなり当てなきゃいけない。いわゆる“アウェー”ですよね。そういう環境にもっと慣れて、最初から自分の力を出せるようにならなければならないと思っているので、今まで行ったことがなかった射場など、知っている人がいないところに行くようにしましたね。

藤木:まさに武者修行ですね。今度のパリオリンピックはアウェーですから。

武藤:そうですね。東京オリンピックのときは、ボランティアの方も日本人ですから、(話す言葉は)日本語ですし、僕らを応援してくださるんですよね。それがすごく力にもなりましたし“ホームだなぁ”という雰囲気も作ってくれたんですけど、パリオリンピックでは、東京オリンピックに比べたら(応援してくれる方々が)少なくなると思うので、そういう(アウェーで戦う)準備は今のうちにやっておかなければと思っています。

藤木:それでは、パリオリンピックに向けての目標を教えてください。

武藤:東京オリンピックでは男子団体で銅メダルを獲ることができましたが、パリオリンピックでは、個人・団体・混合団体の3つともしっかりメダルを獲りたいなと思っています。

藤木:やっぱりオリンピックは全国民が注目する大会なので、アーチェリーを広く知ってもらうためには恰好の場所ですもんね。

武藤:そうですね。僕らが勝たないことには広まりもしないですし、“勝つ”ことがすごく大事になってくる部分だと思うので、まずはしっかり勝ちたいと思います。東京オリンピックでは(メダルが)1個しか獲れなかったんですけど、3つ獲れたら、なかなかすごいですよね!?

あと、3位決定戦で勝って銅メダルは獲れましたが、1回負けているんですよね。やっぱり最後まで勝ち抜いて、1回も負けずに日本に戻ってきたい。つまりは、金メダルを獲って帰りたいなと思います!

次回10月1日(土)の放送は、オリンピックに5大会出場を果たしたアーチェリー界のレジェンド・山本博選手をゲストに迎えてお届けします。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年10月2日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SPORTS BEAT supported by TOYOTA
放送日時:毎週土曜 10:00〜10:50
パーソナリティ:藤木直人、高見侑里
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/beat/