ミュージシャン、デザイナー、作家、俳優、職人など、異なるフィールドを舞台に活躍する“ふたり”が語らうTOKYO FMの番組「三井ホーム presents キュレーターズ〜マイスタイル×ユアスタイル〜」。2月19日(金)放送ゲストは、料理研究家・コウケンテツさんと、お笑いコンビ・クワバタオハラ、くわばたりえさん。ここでは、“子どもに料理を手伝ってもらうコツ”について語りました。


コウケンテツさん



テレビ、雑誌、講演会など多方面で活躍中のコウさん。旬の素材を生かした簡単でへルシーな料理レシピで知られています。3児の父親でもあり、ご自身の経験をもとに親子の食育や男性の家事・育児参加、食を通してのコミュニケーションを広げる活動にも力を入れています。同じく、3人のお子さんを持つ、くわばたさん。お笑い芸人として活躍しながらも、子育ての苦労や悩みなどを飾らない言葉で綴ったブログの読者も多く、ママたちから絶大な支持を集めています。

◆“終わり”を最初に伝えることが大事

くわばた:お子さんは、料理のお手伝いはしますか?

コウ:家が仕事場にもなるので、朝から晩まで父親が料理をしていると、長男はミニカーと同時にフライパンで遊び出すみたいな(笑)。

くわばた:お兄ちゃん、お料理するのですか?

コウ:めちゃめちゃやります! この前も家に友達が遊びに来たときに「ベーコンきゅうりサンド」を作っていました。

くわばた:すごい! お父さんのを見ていたんですか?

コウ:一緒によく作っていたのですが、自粛期間中は僕、「朝ごはんを作らない」宣言をしたんです。上の子は10歳と8歳なので、「自分のご飯は自分で作ろう」ってなって、今も自分でやってくれています。ちなみに今は、3日連続で餅を食べています。グリルで焼いたり、 耐熱容器に水を入れてレンジで加熱して、きな粉をかけて食べたり……と勝手にやってくれるようになりました。めちゃめちゃ楽ですね!

くわばた:何歳から料理を手伝わせていいのかわからないんですよ。

コウ:やらせてあげてください。基本的なことだけを教えてあげたら、子どもは絶対にマスターするので。それがなかなか難しいんですけどね。でも学びます。

くわばた:子どもにお手伝いしてもらうコツはありますか?

コウ:料理に関して言うと、まず第一歩として「1料理=1工程」にしています。例えば、一緒に肉じゃがを作ろうとして、最初から最後までの工程を一緒にやろうとすると大変ですよね。続かないし、お互いにイライラしてくるし、最後には「もう二度とやりたくない」と思ってしまう方が多い。

それなら、遊びの一環として「今日は肉じゃがを一緒に作るけど、あなたのミッションは、じゃがいもを4等分に切ることです。これを3つ完璧にやってね!」というミッションを与えます。大事なのは、“終わり”を最初に伝えることです。「じゃがいもを、こういう形に3つに切ったら、今日のミッションは終わりね」とあらかじめ言うと、子どもは切り替えができるケースが多いんです。

僕は一時期、全国の幼稚園や小学校で料理教室をしていたのですが、それを言うと、子どもは満足して“成功体験”として終えることができる。さらに、終わったときに「すごく助かった!」と言ってあげると、「ママの役に立てた……」という成功体験は、子どもたちの成長にすごく繋がります。料理を通して僕が学んだことです。

くわばた:本当は助かっていないし、自分でやったほうが早いのですが、もし私が子どもの立場で、お母さんに「すごく助かったよ」って言われたら、それが一番嬉しいですよね。確かにそう思います。


コウケンテツさん、くわばたりえさん



* 
コウケンテツさん初の旅エッセイ&レシピ本「アジアの台所に立つとすべてがゆるされる気がした」は、新泉社から発売中です。ぜひチェックしてください!

▶▶番組Webサイトでは、放送内容をPodcastで聴くことができます。ぜひお聴きください!

次回3月26日(金)放送のゲストは、安藤桃子さん(映画監督)×松本恵奈さん(ファッションブランド「CLANE」クリエイティブディレクター)。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:三井ホーム presents キュレーターズ〜マイスタイル×ユアスタイル〜
放送日時:毎週金曜 17:00〜17:25
ナビゲーター:田中麗奈
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/curators/