アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。3月11日(木)の放送は、シンガーソングライターの岸谷香さんがゲストに登場。岸谷さん率いるガールズバンド・Unlock the girlsの最新ミニアルバム『Unlock the girls 3 -STAY BLUE-』について語りました。


岸谷香さん


■ガールズバンドの独特な世界観が好き!

坂本:岸谷香さんの近年のニュープロジェクトについて話を伺っていきます。4人組ガールズバンド・Unlock the girlsを2018年に結成されました。

ギターのYukoさん、ベースのHALNAさん、ドラムのYuumiさんの3人は、かなり世代の若いミュージシャンでいらっしゃいますね。

岸谷:そうですね。(プリンセス プリンセスの楽曲)「Diamonds」が出た1989年に生まれた子たちです(笑)。なので、現役のプリプリの活動をまったく知らない子たちなんです。プリプリを解散したとき、「もう女の子のバンドは一生やらないだろうな」って思っていたんですけど、こうやってまたバンド活動をやろうと思った自分にビックリしています(笑)。女の子のバンドって、男性ミュージシャンと組むときとは違った、独特の世界観があるんですよ。きっと、私はその世界観が好きなんでしょうね。

坂本:メンバーの方とはどのように出会われたんですか?

岸谷:それがね、すごく決められていたかのような出会いだったんですよ。何十年も付き合いがある信用しているスタッフに「私、また女の子とバンドをやりたいんだよね」って言ったら、そのスタッフから「この子たち最高だからいいんじゃない? 香さんは絶対好きになると思う」と言ってくれたんです。

そのスタッフ以外の何人からも言われたので「これは間違いないだろう」と思って、メンバーたちに「会いたいです」と声をかけました。バンドを組みたいと伝えたら、ちょうど彼女たちも活動休止中だったり、解散後のタイミングだったので、サラっと結成できました。これもご縁かなと思っています。

◆新作では、元プリプリ富田京子作詞の楽曲も…

坂本:そんな「Unlock the girls」から、ミニアルバム『Unlock the girls 3 - STAY BLUE-』が2月17日にリリースされました。収録されている「STAY BLUE」という曲は、プリプリの富田京子さんが作詞をされているんですね。

岸谷:そうですね。コロナで日本中の人が悶々としていたと思うんです。そんななかで、やっぱり「元気にしてる?」って元のメンバーと連絡を取り合いたくなっちゃうんですよね。もともと、富田さんの長男と私の長男が同い年なので、ママ友なんですよ。思春期の子どもを持った悩みを分かち合っていました。

坂本:そうだったんですか!

岸谷:子どもたちのことや近況を報告していくうちに、「パーッとする曲、久しぶりに作る?」って話になったんですね。コロナの日々をぶっ飛ばしたい、胸がキュンとする青春のような、青空みたいな曲をやりたいよねって話をして、作ったのが「STAY BLUE」です。

坂本:へええ! それまでも「曲を作ろう!」みたいな話ってあったんですか?

岸谷:たまにありましたし、プリプリが再結成したあとも何曲か作っていました。再結成してすぐに作った曲と、ギターの中山加奈子と作った曲があったんですけど、この10年ですっかり存在を忘れていたんですね(笑)。今回「STAY BLUE」を制作するにあたって、「そういえばこんな曲も作ったよね!」ってことを思い出して、「charm」と「A VISITOR」をミニアルバムに収録しました。

坂本:プリプリのファンとしても、「まだみんなが一緒に曲を書いたりしているんだ」って思うだけで、すごくうれしくなりますよね。

岸谷:うまく言えないけど、きっとこういうふうに仲良くいい関係を保つために解散したような気もします。だから、ずっと友だちなんだって思うんですよね。曲を作らないときは飲みに行ったり、悩み相談をしたりもしますし。メンバーとは10代20代と多感なときを一緒に過ごして、大きなたくさんの思い出を共有しているので、今でも特別な仲間ですからね。うまく言えないけど、ちょっと親戚みたいな……というか。

坂本:そっかあ。それがガールズバンドならではのものなのかなあ。

岸谷:そうかもしれないですね。

* 

岸谷香さんさん率いる4人組ガールズバンド・Unlock the girlsの最新ミニアルバム『Unlock the girls 3 -STAY BLUE-』は現在発売中です。ぜひチェックしてください!

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月〜木曜11:00〜11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/dear/