UoC UNIVERSITY of CREATIVITY 共同編集長の近藤ヒデノリ(Hide)と平井美紗(Misa)がお届けするInterFMの番組「UoC Mandala Radio」。クリエイターに“ワクワクする社会創造の「種」を聞く”というテーマで、毎回さまざまな領域で社会創造をおこなっているゲストを招き、未来に向けた創造やアクションについて語らいます。1月5日(水)の放送では、ウェルネスプロデューサーの岸 紅子(きし・べにこ)さんをお迎えしました。

(左から)Misa、岸 紅子さん、Hide


NPO法人日本ホリスティックビューティ協会の代表理事であり、心と体のセルフマネジメントを通して、包括的に美容や健康を保つライフスタイルを提案。現在は渋谷と山中湖の2拠点で活動しています。

◆ホリスティックビューティを解説

Hide:ホリスティックビューティとはどのようなものなのでしょうか?

岸:ホリスティックという言葉は「全体的な」とか「包括的な」という意味なんですけど、そこにビューティを付けているんですね。有機生命体である人の美しさっていうのは、外見だけじゃなくて心・体・外見すべてが包括的に合わさったものであるという考え方です。

そして、美しさというのは“高いレベルの健康”だと捉えています。髪とか爪とか肌とかがツヤツヤしていることは、そこに酸素や血液がちゃんと血流に乗って運ばれていて、栄養がきちんと循環している。すなわち、心と体が健康な状態であるという考え方になります。

Misa:どういった活動をされているのでしょうか?

岸:高いレベルの健康というのは、その人の自然治癒力が高い状態を示しているので、それを目指していきます。ですが、「これを食べればいいよ」とか「こういうサプリメントを飲みなさい」といったことではないです。

食事、睡眠、メンタルヘルスといったいろいろな生活そのものが、ちゃんと自分の体と心を喜ばせているのかどうかを重要視しています。そして、それらを自身でクリエイティブしていくことが大切なんですね。

Misa:なるほど。都会の人たちのストレスって、どれぐらいの負荷がかかっているんですかね?

岸:すごく大きいです。現代人が抱えている病気、慢性疾患(がん・心臓病・糖尿病など)と言われるものは食べ過ぎ、働き過ぎといった、要はストレスから始まっているものがほとんどなんですね。加えて、自然から離れてしまっているので、自分たちの自然治癒力を高めることができなくなっています。

たくさん食べた添加物が分解できないまま体に溜め込んだ状態になり、どんどん免疫力が落ち、いろんな疾患が出てくるんですね。都会に住むってことは、資本主義社会のなかで大量消費、大量生産、大量廃棄の早いサイクルに合わせないといけないってことなので、めちゃくちゃストレスがかかっていると思います。

Hide:都会の“人間らしくない”生活サイクルのなかに無理矢理合わせていってしまうと、そこでできたストレスが病気となって出てきてしまうってことですよね。

岸:そうです。体って、自分たちが知るなかで一番身近な“自然”なんですよ。風邪をひきやすくなるとか、湿疹が出るとか生理が重くなるといった、いろんな不調を体が訴えてくるってことは、(生活のなかで)何かが間違っていることだと思うんです。なので、それを見つめ直してボタンの掛け違いを直していく。それが、私たちがお伝えしているセルフケアです。

Hide:つまり、ホリスティックビューティとは自分の状態を観察するってことなんでしょうか?

岸:まさにそうですね。私たちが作ったテキストがあるんですけど、そこでは肌や排泄物をどう観察するかといったことが厚く記載されています。(肌や排泄物は)一つの成績表になると思うんですね。何を食べたかによって腸の状態は変化します。そしてそれは排泄物として表れますし、腸と肌は繋がっているので肌の状態にも表れるんですね。

Hide:ということは、腸活(腸内細菌を整えて健康な体を手にいれる活動)に近いんでしょうか?

岸:そうですね。「温活」「菌活」「腸活」をお伝えし、巡りのいい体を作っていただきます。毛細血管の隅々まで血液を送るのはすごく大切なことです。

◆味噌を自作して腸活!

Hide:紅子さんの具体的な活動内容を教えていただけますか?

岸:ホリスティックビューティ協会はNPO法人として15年ほどやっています。そちらではみなさんにセルフケアの知識を学んでいただいています。私自身が病気の経験があり、そこから立ち直っていくときにたくさんの学びを得たんですね。現在を生きる人たちに必要な知識だと思うので、みなさんにお伝えしています。

あとは、さまざまなセミナーやワークショップも開催しているんですけど、特に腸を重要視しています。腸というのは体のなかで一番大事な臓器なんですね。腸の健康づくりのために、発酵食のワークショップを開いたりしています。2022年の最初は味噌づくりをやります。私、味噌ソムリエでもあるので。

Misa:そうなんですか!

岸:味噌が大好きなんです。自分で作った味噌って本当においしいんですよ。もうね、買えない(笑)。

Hide:僕の家も味噌を作っているんですけど、それがちょうどなくなっちゃいました。

岸:ぜひ、一緒に作りましょう!

◆サスティナブルで環境に優しいコスメが増えてほしい

Hide:他にも、キュレーションでいろんな商品も紹介されていますよね。

岸:そうですね。あとは、「サスティナブルコスメアワード」の運営もしています。私は環境省のアンバサダーをやっているのですが、アンバサダーの仲間たちと立ち上げました。ウェルネスとかビューティ、コスメの世界にずっと携わっているので、コスメがよりサスティナブルで環境に優しいものになったらいいなと思って作ったアワードです。今は3年目で、年々規模が大きくなっています。

Hide:2021年の終わりごろに審査が終わったそうですね?

岸:それがすごくって! 年々レベルが高くなっているんですよ。地域の問題を解決するようなコスメがどんどん出てきたりしていて、すごくワクワクします。実は、今回のGOLD賞は石けんが獲りました。

Hide:へえ〜! どういうところがすごいんですか?

岸:オーガニックでナチュラルに作られたものであることと、耕作放棄地を活用したり、捨てられるはずだった果皮や種とかを使って成分抽出されている石けんなんですね。あとは、容器にプラスチックを使用していません。

Hide:なるほど。基本的に、ほとんどのプロダクトではプラスチックを使わなくなったりしているんですか?

岸:化粧品を流通させようと思ったら、プラスチックをまったく使わないようにするのって難しいんですよ。劣化も防がないといけませんし。薬事法を守る上でも、100パーセントプラスチックなしっていうのは難しいです。ただ、バイオプラスチックや紙に置き換えたりする努力は、みなさん実施されていますね。

次回1月12日(水)のゲストは、エシカルコーディネーターのエバンズ亜莉沙さんとヴィーガン料理YouTuberの高嶋綾也さんをお迎えします。お楽しみに!

番組でお届けしたトークは音声サービス「AuDee」と「Spotify」でも配信中。ぜひチェックしてみてください!

<番組概要>
番組名:UoC Mandala Radio
放送日時:毎週水曜23:00-23:30
パーソナリティ:近藤ヒデノリ(Hide)、平井美紗(Misa)
番組Webサイト: https://www.interfm.co.jp/mandala