ロックバンド MUCCのヴォーカル・逹瑯がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「JACK IN THE RADIO」。4月17日(土)の放送では、MUCCのベーシスト・YUKKEさんが登場! 4月21日(水)にリリースされたばかりのベストアルバム『明星』について伺いました。


(左から)逹瑯、YUKKEさん



今作の『明星』は、現在開催中のツアー「MUCC TOUR 202X 惡-The brightness world」をもってMUCCを脱退するドラムのSATOちさんが作詞、もしくは作曲を手がけた楽曲が主に収録されています。

逹瑯:(アルバム『明星』を)聴いてみてどうでしたか?

YUKKE:SATOちのこのアルバムって、その時代を彩った曲がすげぇ多いんですよ。

逹瑯:ライヴで絶対に肝になる曲が多いよね。(ライヴの)頭じゃないけど後半なんだよね。

YUKKE:そうそう。(最後のほうにやりたい曲に)残るんだよね。「謡声(ウタゴエ)」にしろ「フライト」にしろ、「You & I」「家路 -2017 飛翔-」もそうだし「前へ-In its true light-」もそうだし。

逹瑯:「You & I」がYUKKEの曲じゃないっていうのがびっくりだよね(笑)。

YUKKE:それは逹瑯も言ってたし、意外とリーダー(ミヤ/MUCCのGt)も言ってたんだよなぁ。

逹瑯:「ぬけがら -2020-(以下、ぬけがら)」もそうだね。

YUKKE:なんでだろう、(曲が)ベースから始まるからじゃない?

逹瑯:それもあるし、「ぬけがら」のメロディーがYUKKEっぽい。

YUKKE:そうなんだよ。“これ(作ったの)俺かな?”って思うぐらい。

逹瑯:ハッハッハッハ(爆笑)!

YUKKE:でもSATOちなんだよなぁ。

逹瑯:でさぁ、このアルバムのなかで思い入れのある曲は?

YUKKE:これかなって思ったのは「ぬけがら」だったんですけど、1曲1曲にあるんだよなぁ。

逹瑯:「ぬけがら」もそうだけどさ、(アルバム収録用に)録り直しているじゃん。リテイク曲はどうでしたか?

YUKKE:(オリジナルとして最初に)レコーディングした当時は、俺もまだ大変なときですよ。「ベース弾けねぇ、難しい、う〜」とか言いながら。録ったあとは“あー、録れた……”って思いながらも、10年間ライヴでやり続けている曲が多くて。だけど今回はすごくフラットな状態で録れたから、自分のなかでは「録り直してよかったな」って思ってる。

逹瑯:俺も「ぬけがら」は特に録り直してよかったかも。歌のニュアンスとかもけっこう気に入ってる。

YUKKE:昔はすっげー背伸びして、いろいろああだこうだって遠回りしながら作った音が、最近はもう手順も短く曲に辿り着けるようになったから、(リテイクした曲は)全部録り直してよかったなぁと思うな。

◎4月24日(土)放送の「JACK IN THE RADIO」も、引き続きYUKKEさんが登場します! どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年4月25日(日)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:JACK IN THE RADIO
放送日時:毎週土曜25:30〜26:00
パーソナリティ:逹瑯(MUCC)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jack