WACKの渡辺淳之介さんと、JMSのKTRさんが、6月7日(火)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのこもり校長とぺえ教頭が、2人の関係性とロックバンドオーディション番組『BRAND-NEW BAND STORY』について聞きました。



株式会社WACK代表取締役社⻑の渡辺淳之介さんは、2014年8月に株式会社WACKを設立。BiSH、ExWHYZ、BiS、GANG PARADE、豆柴の大群 、ASP、Waggなど、所属グループのプロデュース、作詞、マネジメントを担当。

株式会社ジャパンミュージックシステム専務取締役のKTRさんは、MY FIRST STORY、クリープハイプ、FACT、NAMBA69、SiM、yonigeなどのロックバンド を輩出したヒットメーカー。CD流通業を経て、レーベル、ライブ制作、マネージメント、アパレルなどを展開しています。

――どういう関係?

こもり校長:音楽業界のすごい方お2人がいらっしゃっていて、僕としては緊張感がありますけど(笑)。

ぺえ教頭:ボス感がすごいよね(笑)。お2人は演者よりも目が強いですよ。

全員:(笑)。

こもり校長:お2人は中高の先輩、後輩なんだそうですね?

KTR:そうなんです。3年違うので交わってはいないんですけど、卒業して一緒に仕事するときに発覚しました。中高の先輩後輩で、同じ音楽業界でエンタメをやっているのは、意外と珍しいかもしれないです。

渡辺:そうですね。

こもり校長:しかも、お2人の界隈はけっこう近いですよね。同じ空気感で話せる、とかあるんですか?

渡辺:男子校だったのでノリ的には……お話ししていると、“似ているな”というか、“あの環境で育ってきたな”という感じはすごくします。

KTR:中学、高校が男子校って、なかなか珍しいですよね。

こもり校長:僕も(所属する)GENERATIONSというグループに高校の先輩がいるんですけど、その人と話すと“そこ出身だな”って思うことがあるんです。

KTR:絶妙な空気感ですよね。

ぺえ教頭:(渡辺さんは)KTR先生に気を使うんですか?

渡辺:そうですね……気を使いますね(笑)。

全員:(笑)。

ぺえ教頭:やっぱり偉大なのよ。



――『BRAND-NEW BAND STORY』エントリースタート

こもり校長:お2人はこの度、ロックバンドオーディション番組『BRAND-NEW BAND STORY』をスタートさせるということで、そもそも、この番組を始めようというきっかけは何だったんですか?

KTR:淳之介とごはんを食べているときに……淳之介は今はアイドルとかやられていますけど、ずっとロックバンドが大好きでやりたいやりたいと言っていたんです。そんななか、JMSとWACKが組んだらおもしろいバンドが出てきそうだよね、というごはんの(場で話した)流れから1年半くらいの準備期間を経て立ち上がったプロジェクトです。

こもり校長:じゃあ、お2人の話から「いいじゃん!」と意気投合して、この形に持っていったと。

KTR:そうですね。まさに先輩後輩のノリ的なやつで……(笑)。

渡辺:僕は、本当は……バンドをやるつもりで音楽業界に入ったんです(笑)。なので、(KTRさんと)話しているなかでとんとん拍子に進んだんですけど、そのスピード感は普通の会社同士ではない、先輩後輩というのがあったと思いますね。

こもり校長:会社同士だと、踏まないといけない手順も多いですからね。

KTR:そうですよね。しがらみだったりにも時間を要すると思うんですけど、2人だからとんとん拍子で進められたのがでっかいかなと思いますね。

こもり校長:グランプリを獲得したバンドには、特典があるということですが?

KTR:日本コロムビアさんからのリリースとメジャーデビューが確約されていて、10月21日に(東京・渋谷の)Spotify O-EASTでBiSHとMY FIRST STORYのツーマンライブがあるんですけど、そのオープニングアクトとして出演できる権利が与えられます。

渡辺:超豪華!

こもり校長:超豪華ですし、プレッシャーも半端ないでしょうね(笑)。

ぺえ教頭:大きい一歩ね。すごいわ(笑)。

こもり校長:応募条件に年齢、国籍、性別不問とありますので、SCHOOL OF LOCK! の生徒(リスナー)でバンドを組んでいる子がいたらエントリーできますよね。

KTR:もちろんです。

渡辺:めちゃくちゃエントリーしてほしいですね。

こもり校長:10代のキミ、聴いたか!?

ぺえ教頭:私も受けようかな……?

KTR:ぜひ! すべて不問なんで。

ぺえ教頭:不問よ! 不問の塊なんだから受けないと(笑)。

全員:(笑)。

こもり校長:どんな人たちに応募してほしいとかありますか?

KTR:きっかけやチャンスだと思ってくれる人であれば、どんな方でも! 逆に言えば、もうちょっとカジュアルに応募してもらっても、こちらは受け止められるので。野心があるバンド待っています!

渡辺:今からでも間に合うので、下手でも何でも……どちらかというと気合いのほうが大事だと思っているので、ぜひ応募してほしいなと思います。



『BRAND-NEW BAND STORY』のエントリー期間は、2022年6月19日までです。詳細は、オフィシャルサイトをご確認ください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年6月15日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55/金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/