本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。3月18日(木)の「社会人意識調査」のテーマは「緊急事態宣言が解除されたら、あなたの行動範囲は変わりますか?」はたして、その結果は……?


番組パーソナリティを務める本部長・マンボウやしろ(左)と秘書・浜崎美保(右)




はい  34.9%
いいえ 65.1%
(回答票数1,004票)

◆「はい」に関する意見
「昨年末からずっとリモートワークで、会社の人にまだ一度も会えていません。単身でかなりキツイので、いいかげん出勤したいです」(東京都 32歳 女性 会社員)

「ほんのりお店に飲みには行きますね」(東京都 44歳 男性 会社員)

「リフレッシュをするため県外まで少し足を伸ばすかもしれませんが、生活スタイルは変えません」(埼玉県 47歳 女性 会社員)

◆「いいえ」に関する意見
「緊急事態宣言を解除することが目的ではなく、みんながコロナ禍から抜け出し、安心できるようになるのがゴールだと思っているので、解除されても行動範囲は変わらないと思います」(千葉県 28歳 男性 介護職)

「解除後のほうが逆に危機感があり、出歩くのをためらってしまいそうです」(神奈川県 33歳 女性 会社員)

「会食や声を出す場など、感染拡大が予想されることは控えます。ほとんどの国民が抗体を持つまで継続せねば」(東京都 50歳 女性 会社員)

【変わらない人のほうが多い】
今回の社会人意識調査は「緊急事態宣言が解除されたら、あなたの行動範囲は変わりますか?」というアンケートを実施しました。その結果「はい」という人は34.9%、「いいえ」という人は65.1%と、行動範囲は変わらない人のほうが多くなりました。

【10代の行動範囲は変わらない】
緊急事態宣言が解除されたら行動範囲が変わる、という人の割合を見てみると、男女比では「男性」は36.5%、「女性」は32.9%となりました。世代別の割合を見てみると「10代」は15.8%、「20代」は47.1%、「30代」は36.8%、「40代」は33.5%、「50代」は31.3%、「60歳以上」は26.3%となっています。

◆詳しいアンケート結果はこちらからご覧いただけますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

◆次回の放送は3月22日(月)です。「Skyrocket Company」のアンケートの投票はこちらから受け付けていますので、ぜひご参加ください。結果は番組内で発表しますので、お聴き逃しなく!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年3月26日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月曜〜木曜 17:00〜19:48
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/sky/