日髙のり子さん、川島明


お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

4月16日(土)放送のお客様は、声優・日髙のり子さん。「タッチ」浅倉南、「となりのトトロ」草壁サツキ、「らんま1/2」天道あかね、「名探偵コナン」世良真純……など、数々の人気キャラクターを演じてきた日髙さんが、これまでの人生で見つけた一番のエウレカ(発見・気付き)について語りました。


日髙のり子さん


子役、アイドルとして活動したあと、1984年に「超時空騎団サザンクロス」(ムジカ・ノヴァ役)で声優デビューを果たした日髙さん。1985年にはアニメ「タッチ」のヒロイン・浅倉南役に抜擢。以降、「となりのトトロ」(草壁サツキ役)、「らんま1/2」(天道あかね役)、「犬夜叉」(桔梗役)、「名探偵コナン」(世良真純役)、「るろうに剣心」(瀬田宗次郎役)など、数々の人気作のキャラクターを務めます。現在は「あさイチ」(NHK総合)、「ミライ☆モンスター」(フジテレビ系)などのテレビ番組やCMのナレーションも担当し、ラジオパーソナリティとしても活動しています。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」4月16日(土)放送ゲスト:日髙のり子さん


◆仕事が“楽しい”という気持ちで…

川島:これまでの人生のなかで見つけた一番のエウレカ(発見・気付き)は?

日髙:最近、本当に思うことは、真面目に考えることは大切なんだけども、自分が楽しんだほうがお仕事もプライベートもうまくいくなってことを、実感と自信を持って思えるようになりました。

川島:若いとき、先輩からそういうことを言われても、なかなかうまくいかないですよね。

日髙:「ちゃんとしなきゃ」「ここ失敗しちゃった」とか考えちゃいますね。でも、自分自身がワクワクしているテンションで仕事をやったりすると、やったことに楽しいエネルギーがプラスされて、“キラキラしたもの”になるんですよ。

もう還暦も迎えますし、多少「ちゃんとしなきゃ」って気持ちをほどいてやっちゃっても、大失敗にはならないというか。合格ラインには絶対に乗るはずなので、「だったら楽しんだほうがプラスアルファがあるな」と今は思っています。

川島:僕もね、今になって「楽しんでいる人には勝てないんだな」って思っています。「努力してきた人よりも、楽しんできた人のほうが“笑い”を取りにいってるな」って思いますよ。


「天職は、声優。」(主婦の友社)


今年1月に出版された日髙さんのデビュー40周年記念書籍「天職は、声優。」出演作秘話などが満載のオール書き下ろしです。ぜひチェックしてください。

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜
放送日時:毎週土曜 17:00〜17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/