吉田美穂がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DUNLOP presents みらい図鑑」。日本の美しい風景、地域で受け継がれる伝統、志を持って活動する人など、100年後の地球に生きる子どもたちへ繋げていきたい“ヒト・モノ・コト”を紹介しています。11月27日(土)の放送では、「KOSelig JAPAN(コーシェリ・ジャパン)」代表の織井敬太郎(おりい・けいたろう)さんに、「アップサイクルキャンドル」についてお話を伺いました。


「アップサイクルキャンドル」



福岡県太宰府市で、今年生まれたばかりのキャンドルがあります。それは、「アップサイクルキャンドル」。

本来であれば、廃棄されるモノを新しくアップグレードさせ、そのモノ自体の価値を高めるのが「アップサイクル」。

このキャンドルの容器に使われているのは、全国で捨てられてしまう日本酒の瓶です。


廃棄される日本酒の瓶をキャンドルの容器に再利用



それらを回収して、一つひとつキャンドルグラスに加工。

そして、キャンドルがなくなってもグラスは再利用できるように、詰替用のキャンドルも展開するという“廃棄しない”キャンドルです。

アップサイクルなモノづくりを手掛けているのは、「KOSelig JAPAN」というブランド。

「KOSelig(コーシェリ)」とは、“心地いい”という意味のノルウェー語です。“心がホッとする暮らしを通して、地球の未来を考えていきたい”という思いで立ち上げられました。

「ノルウェーでは、コーシェリという言葉が、日本で言う“かわいい”という言葉と同じぐらい日常的に使われているんです」と織井さん。


アップサイクルなモノづくりを手掛ける織井敬太郎さん



「ノルウェーは、雪国ですし、とても寒い国なんですね。寒い外から帰ってきて最初にすることが、暖炉に火をつけてキャンドルを灯すことなんです」

キャンドルを灯すことは、暖かい空間を作るということ。凍えた体が温まって、心がホッとする時間が“コーシェリ”です。

織井さんは、“世界中の人々が、不安やストレスから解消された未来を目指したい”と考えています。

コーシェリを広めるためにできることのひとつが、この「アップサイクルキャンドル」。


“コーシェリ”で心がホッとする時間を



「このコーシェリという言葉や考え方を、日本でも広めていきたいなと思っています」

「アップサイクルキャンドル」を通して、環境にも人にもやさしい、ホッとする時間をつくる。これからの季節にピッタリですね。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年12月5日(日)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DUNLOP presents みらい図鑑
放送日時:毎週土曜13:55〜14:00
パーソナリティ:吉田美穂
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/miraizukan/