アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。4月6日(火)放送のゲストは、お笑いタレント・山田邦子さん。2月に自叙伝「生き抜く力」(祥伝社)を出版した山田さんが、「オレたちひょうきん族」の時代を振り返り、ビートたけしさんと手紙のやりとりをしたエピソードを披露しました。


(左から)坂本美雨、山田邦子さん



◆気が付けば芸歴40年

坂本:山田邦子さんは2020年に還暦を迎えられました。おめでとうございます。(60歳には)見えないです!

山田:ガッタガタにはなりました(笑)。でも、思っていたよりは動けるなっていう感じです。同級生もみんな60歳になるので、「私たちすごいわね!」なんて話をしています(笑)。

坂本:(笑)。芸能界でのキャリアも40年ということで。

山田:丸々40年経っちゃいました。でも1年1年の積み重ねだからね。振り返れば“40年かぁ……”って感じです。

◆自叙伝のタイトルの由来は?

坂本:この度、ご自身の半生を綴られた本「生き抜く力」を出版されました。

山田:フィクションの小説を書くのは大好きなんだけど、自分のことを書くってなると、最初は“生きている人に迷惑がかかっちゃうかな”って思ったんです。だけど、書いているうちに感謝の気持ちが湧いてきて、“みなさんにずいぶんお世話になったなぁ”と思いながら一生懸命書きました。

坂本:とっても面白かったです。本当にいろんなことを経験されたんですね。芸能界だけではなく、個人的にもいろんなことがあるなか、楽しく笑いながらサバイバルされていったんですね。

山田:最初は、タイトルを「生きる力」にしようかなって思っていたんです。だけど、コロナ禍になっていろんな人がクヨクヨする状況になってしまって。笑顔になると免疫力も上がっていいことがあるので、「生き抜く力」のほうが今風だし、いいかなと思ってつけました。

坂本:いろんなヒントがありましたし、いろんなことを聞きたくなりました。昭和時代の芸能界のことだったり。

山田:ビートたけしさんや明石家さんまさんの時代ね。

坂本:錚々たるメンバーです。「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)が1981年にはじまって。テレビでああいったことが許されていた時代と言いますか。

山田:本当ですよ。大人がふざけて、お金をもらっていました(笑)。

坂本:真剣にふざけて。

山田:(当時、番組の)裏にはザ・ドリフターズがいて、「8時だョ!全員集合」(TBS系)が放送されていました。本当はみんな仲がよかったんですけど、「ライバルだ!」って言われてね。“仲が悪い”って思われていたんですよ(笑)。

あと、みんな笑うことに真面目でした。NGもOKだったと言うか、面白ければよかったんです。真の意味でのNGは「つまらない」ことだったので、必死でしたね。台本も、あってないようなもんでしたから。たけしさんの言うことに、必死でしがみついていきました。そこで、“芸能界に揉まれたかな”っていう感覚はありますね。

坂本:「頑張ろうぜ」と引っ張ってもらったわけですね。

山田:そう。周りは、私よりちょっとだけお兄さんでした。20歳ぐらいのときに、すごくアクの強いところに入りましたね。みんな5歳ぐらい上で、その上にたけしさんたちがいて。みんなが学校の先輩みたいな感じでした。当時のみんなは「THE MANZAI」(フジテレビ系)で売れて、そのあとぐらいに「オレたちひょうきん族」がすごくヒットしたもんだから、何がなんだかわからない状態だったんですよ。よく、お酒を飲んで泣いたりしていましたね(笑)。

坂本:ええ!?

山田:「オレたち、明日は大丈夫なんだろうか……」みたいなことを言っていました。青春よ(笑)。

坂本:たけしさんとの交流はいかがですか?

山田:事務所の先輩だったし、同じ事務所にいた頃は、すごく刺激的な日々でした。いろんなことを、先へ先へと進んで行っていましたね。そのあとも、たけしさんは事務所を2つも変えていますから。お孫さんができたと思ったら再婚もしちゃって、“えー!?”ってすごくビックリしました(笑)。やっぱりすごい人だなって思いましたね。

本のなかには、たけしさんの感謝の気持ちをいっぱい書いたつもりです。(執筆にあたって)久々に手紙を書きましてね。携帯がない時代からの交流ですけど、今は事務所も違うからマネージャー経由で。そうしたら、はじめて直筆の手紙が返ってきて! うれしかったです。宝物がまた1つ増えました。

坂本:いいなあ!

山田:昭和みたいな話でしょ(笑)。

* 

今週のお客様は、20日(火)水原希子さん、21日(水)櫻坂46・菅井友香さん、22日(木)ONE OK ROCK・TAKAさんです。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月〜木曜11:00〜11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/dear/